HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

ガンダムGP02A 30

表面処理も終わって塗装に入りました。

宇宙の蜉蝣2で、対艦ライフルを構えたGP02Aが描かれていたので、オリジンザクから持ってきました。

ガンダムGP02A ライフル

ガンダムGP02A 31

スコープ部分はくり抜いて、WAVEのH・アイズを使ってます。
仮止めなので暗いですが、完成時には裏面にメタルテープを貼るので、キラっと光るはずです。

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

せっかくなので、バリエーションである(MLRS仕様)にも換装するようにしました。

多連装ロケットシステム

ガンダムGP02A 26

可動部が挟み込み式なので、整面しにくいうえ塗装もしづらいので、ポリキャップを仕込んで後ハメ化しました。
バリエーションキットなので、ポリパーツが足らないからだと思いますが、ここは何とかしてほしい所ですね。
凸モールドは、整面後プラ板で作り直してます。

バインダーのバーニア

ガンダムGP02A 27

メタルパーツを使用していましたが、モールドが特徴的なのでキットを使用しました。
内部はメタルパーツを使用して二重構造にしてます。

ガンダムGP02A 28

ほぼ、パーツの加工が終了しました。
サフを吹いて表面処理です。

MLRS仕様

ガンダムGP02A 29

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

頭部

ガンダムGP02A 24

アンテナの先鋭化、バルカン部の開口、モールドの掘り直しなどの各部のシャープ化がメインです。

ガンダムGP02A 25

赤いクマドリ部は、キットのモールドが甘いので、削り取ってプラ板で作り直しました。

シールド

ガンダムGP02A 21

上部の三角内の丸モールドは、ハトメを使用。

ガンダムGP02A 22

四辺のダクトはフチ薄化。

アトミックバズーカ

ガンダムGP02A 23

砲身との接続部の凸部は、パーティングラインが消しづらいので削り取ってプラ板で再生しました。

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

バインダーです。内部のディテールアップがメイン。

ガンダムGP02A 15

モデルグラフィックス2006年9月号の制作記事を、ほぼそのままトレースしてます。

モデルグラフィックス2006年9月号

10年以上前なので、なかなか目にすることは難しいかもしれませんが、すごく参考になります。

ガンダムGP02A 19

ガンダムGP02A 20

プラ板での裏打ちによる、接続ピン隠しです。プラモっぽさが大分軽減されると思います。
合せ目は段落ち処理してモールド化してます。

下部のバーニア

ガンダムGP02A 18

下部のバーニアは、後ハメ化。リング状のパーツはバーニアとの隙間隠し。

背面バーニア

ガンダムGP02A 16

背面のバーニア部はフチ薄化して、整面しづらい2本のラインは削り取って整面後、プラ板でシャープ化。

ガンダムGP02A 17

青いパーツは、丸モールドを別パーツ化してシャープ化してます。

ガンダムGP02A 14

分割を変更して後ハメ化しました。

これをもう一個作らないと…

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

胴体部の制作です。

ガンダムGP02A 09

各部モールドの掘り直し、エッジ出し、フチ薄化がメインです。

ガンダムGP02A 10

サイドアーマーのサーベル収納部の凸部モールドは、削り落としてプラ板で作り直しシャープ化しました。

ガンダムGP02A 11

胸部は分割を変更して後ハメ化。

ガンダムGP02A 12

左肩のセンサー部は整面しにくいので、いったん切り取って整面、フチ薄化してから接着してます。

腕部

ガンダムGP02A 13

下腕は内部パーツを切断して後ハメ化。
シリンダー部は、プラ棒とプラパイプで別パーツ化してディテールアップしてます。
写真には写ってないですが、ヒジのマイナスモールドは、ヒザと同じく削り取ってフチ薄化してます。

肩はマスキングするか、合せ目を段落ち処理するか悩んでます。