HGUC 陸戦型ガンダム機動戦士ガンダム 第08MS小隊

HGUC 陸戦型ガンダムです。HGナンバー79のリバイブではないほうです。

HGUC 陸戦型ガンダム01

HGUC 陸戦型ガンダム02

頭部

HGUC 陸戦型ガンダム03

各モールドを彫りなおし、首を0.5ミリ延長(ボールジョイントとの間にプラ板の小片をはさんだだけです)

胴体部

HGUC 陸戦型ガンダム04

首周りは塗りわけが面倒なので、簡単にディテールしたプラ板でふさぎます。
胸部のバルカンは、ツブシ玉とブラスパイプを使用。

HGUC 陸戦型ガンダム06

腰部は、モモを上げるために干渉するサイドアーマーとの接続を変更。

HGUC 陸戦型ガンダム05

HGUC 陸戦型ガンダム07

より腰を落とした砲撃体勢をとることが出来ます。

腕部

HGUC 陸戦型ガンダム08

肩アーマーは接続方法を変更。
シールド接続部は、ABS板を使って位置をモールドに合わせます。右腕は埋めました。
手首カバーは、コトブキヤ「丸モールド」。
指はポリパテで製作。

脚部

HGUC 陸戦型ガンダム09

太モモの前面の切り欠きは、プラ板で埋め前面フレーム部の台形の部分は、削って短くしてます。

HGUC 陸戦型ガンダム10

足首の可動はこのキット一番の欠点ではないでしょうか。
可動部がフクラハギに近い所に設置してあって、違和感があります。

HGUC 陸戦型ガンダム11

見栄えは悪いですが、足首に軸を追加してます

その他

HGUC 陸戦型ガンダム12

ビームライフルは、ブルーディスティニーから。

↓ギャラリーはこちら
陸戦型ガンダム

HGUC ガンダムGP01Fb フルバーニアン機動戦士ガンダム0083

HGUC ガンダム試作1号機 フルバーニアンです。
HGUCシリーズ初期の「ガンダム試作1号機」のバリエーションキットです。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン01

ガンダムGP01Fb フルバーニアン

頭部

ガンダムGP01Fb フルバーニアン03

ガンダムGP01Fb フルバーニアン04

ガンダムGP01Fb フルバーニアン05

フェイス部は0.5ミリほど前方へ出しモールドを彫りこみ。アンテナは先鋭化してます。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン21

トサカ横のセンサーは、真鍮線を使用。
バルカンはツブシ玉です。

胴体部

ガンダムGP01Fb フルバーニアン06

首周りはキットパーツを削り込み、シリンダーをしこみます。
肩センサーは一回り小さく削り、回りをプラ板で囲ってシャープ化。連邦のVマークは削って、プラ板で別パーツ化。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン09

両胸のダクトは、閉じた状態と、展開した状態を差し替えで再現してます。
使用しているのは、市販のバーニアパーツとICソケットピン。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン07

腰は前後屈伸ができるように、ポリキャップ前後を削ってます。隙間隠しも作成。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン08

股間は、足をハの字にするため、接続軸を延長してますが、基部の部分で幅つめして、全体の長さは変えてません。
腰アーマー裏はプラ板で塞いでます。

バックパック

ガンダムGP01Fb フルバーニアン15

ガンダムGP01Fb フルバーニアン16

25

フチ薄化やバーニアパーツをディテールアップしたぐらいです。

腕部

ガンダムGP01Fb フルバーニアン11

肩の構成は、前後と中央のパーツに分割して、中央のパーツを差し替えて、バーニアの閉じた状態と展開時を再現してます。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン12

バーニアは胸ダクトと同じく、ICソケットピン。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン10

肘のマイナスモールドは、シャープな市販製ディテールアップパーツに交換。手首カバーは市販パーツをくりぬいて使用。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン14

シールドは腕に近すぎて肩に干渉するので、軸を長くして接続をボールジョイントにしてます。接続パーツもスライドするっぽくディテールしてます。
ガンダムGP01Fb フルバーニアン13

ガンダムGP01Fb フルバーニアン22

シールドのパイプ状のモールドはアルミ線に置き換えてます。

脚部

ガンダムGP01Fb フルバーニアン17

フクラハギは分割を変更して後ハメ化。膝のマイナスモールドも、肘と同じく市販製に変更。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン18

足のスリッパ状の増加パーツのミゾを深く掘り、別パーツ感を強調。
足首フレームパーツには、シリンダーをしこみます。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン23

24

足裏のバーニアは市販パーツや金属パーツでディテールアップしてます。

試作ビームライフル「ブラッシュ・XBR-ML-83d」

ガンダムGP01Fb フルバーニアン20

CDシネマ「ルンガ沖砲撃戦」で登場した、試作ビームライフルです。

ルンガ沖砲撃戦

当時のBクラブの改造パーツ「c.o.v.e.r.kit-3」を使用してます。現在だとシステムウェポン3から流用できそうです。

ガンダムGP01Fb フルバーニアン19

ハンドパーツはキットを芯にパテで作成。
ライフルのジュッテ発生部は市販パーツに変更してます。

↓ギャラリーはこちら
ガンダムGP01Fb フルバーニアン

HGUC アッシマー機動戦士Zガンダム

HGUC アッシマーです。
こちらのキットも後ハメやディテールアップ等の工作のみで、プロポーションの変更はしていません。

HGUC アッシマー01

HGUC アッシマー02

頭部

HGUC アッシマー03

モノアイレールを掘り込みディテールアップ。モノアイはH・アイズ。劇場版で印象的なサブカメラも設置しました。

胴体部

HGUC アッシマー05

変形時に内部が見えるので、各部モールド入りプラ板でディテールアップ。

HGUC アッシマー04

股間部は、スジボリラインで切り離し強引に後ハメ化しました。

腕部

HGUC アッシマー07

シリンダー部を削りとり金属パーツに変更しました。
回転軸はABSのランナータグとランナーを使用して上腕に設置しましたが、スペースがなく強度は微妙。やらないほうが良かったかも。

脚部

HGUC アッシマー08

股間軸との接続部を埋めてます。

HGUC アッシマー06

変形用アームは肉抜き穴を利用して、モールド入りプラ板を貼りこんでます。

HGUC アッシマー09

HGUC アッシマー バーニア

HGUC アッシマー MAバーニア

バーニアは市販パーツと、金属パーツを使用。
変形保持用の各ピンは、塗膜のはがれが怖いので切り取ってます。代わりに固定のために各部に磁石を仕込んでます。

↓ギャラリーはこちら
アッシマー

HGUC ギャプラン機動戦士Zガンダム

HGUC ギャプランです。
プロポーションは特に変更していません。各部フチ薄化やバンダイエッジ等の処理がメインです。

HGUC ギャプラン01

HGUC ギャプラン02

頭部

HGUC ギャプラン06

見にくいですがモノアイをHアイズに変更。

ハンドパーツ

HGUC ギャプラン07

プラ板とポリパテで自作。甲のカバーパーツはキットのものです。

HGUC ギャプラン14

劇中で印象的な、両手を組んだ状態も作りました。

その他

HGUC ギャプラン08

動力パイプはコトブキヤ製「モビルパイプ」に変更。

HGUC ギャプラン03

HGUC ギャプラン05

ギャプラン09

各部バーニアは、ツブシ玉、金属パイプでディテールアップ。

HGUC ギャプラン04

脛のフレア内部は、プラ板でデコレートしてます。

↓ギャラリーはこちら
ギャプラン

HGUC マラサイ機動戦士Zガンダム

ブログを始めてもう10年以上が経ちます。ブログを始める前に製作して完成しているものは製作記事を書いていないんですが、途中写真は撮っているので覚えている範囲で記事にしてみます。
まずは、HGUC マラサイです。

HGUC マラサイ01

HGUC マラサイ02

キットのほうはとても良くできています。プロポーションは現在のキット群と比べてみても見劣りしないのでは?

頭部

HGUC マラサイ03

モノアイはプラパイプで可動化して、市販パーツやエッチングパーツでディテールアップ。軸はポリランナーです。

14

Hアイズの裏面にメタルテープを貼って反射層を作ってます。

HGUC マラサイ04

後頭部裏側も適度にプラ板でモールド。

胴体部

HGUC マラサイ17

胸の3本スリットは、凸→凹へ彫りなおし、腰パーツを後ハメ化。

HGUC マラサイ05

腰アーマー裏は、モールドを入れたプラ板で塞ぎます。股間ブロックには、スタンド接続用のポリキャップをしこんでます。

腕部

HGUC マラサイ06

スパイクアーマーは、スパイクを尖らせ、根元を一段彫りこみ別パーツ感を強調。裏は細切りプラ板でディテールしてます。

HGUC マラサイ07

HGUC マラサイ08

肘関節は少し間延びした感じがしたので、プラ板でモールドして短く見せてます。肩関節もモールドを合わせます。
手首カバーは、コトブキヤのディテールアップパーツを加工。

脚部

HGUC マラサイ10

膝アーマー裏をモールド入りプラ板で塞ぎます。

HGUC マラサイ11

足首はフレーム部分で2ミリ延長。隙間が目立ちやすくなるので、プラ板を貼って隠します。
スプリングはディテールアップのつもりですが、全く見えないので意味がありません。

バックパック

HGUC マラサイ09

HGUC マラサイ13

小バーニアを切り取り後ハメ化。大バーニアはコトブキヤ製。
完成品は、接続をBJにして可動化してます。

ビームライフル

HGUC マラサイ12

エネルギーパックを切り取って整形。エネルギーパイプはモビルパイプに変更してディテールアップ。

14

HGUC マラサイ15

HGUC マラサイ16

動力パイプは全て、コトブキヤ製のモビルパイプに変更。アルミ線→スプリング→モビルパイプの構造です。

↓ギャラリーはこちら
マラサイ