HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

HGUC Vガンダム完成してます。

VガンダムHGUC・MG

MG版との2ショット。

セカンドVヘキサ

コンパチモデルなので頭部の交換で、セカンドVのヘキサタイプもできたりします。

現在ギャラリー用の写真を撮影中です。
MG版では怖くて出来なかったポーズも、HGUCなら比較的気楽にできますね。

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

塗装工程です。
基本塗装をして

Vガンダム54

細部の塗装、スミイレ。

Vガンダム55

バーチャロンカラー

今回は、ガイアカラーのバーチャロンカラーをつかってみました。
カトキ系MSには、相性が良いのではないでしょうか。

Vガンダム53

完成間近です。

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

サフを吹いて表面処理中です。
そこで気になったポイントを修正、変更しました。

ヒザ裏

Vガンダム43

動かしたときに意外と気になるので、パテで埋めました。

股関節

Vガンダム44

プラパイプを挟み込んで、1ミリほど外側へセットするようにしました。

Vガンダム47

MG版のようにスジボリ等をいれてディテールアップしました。

Vガンダム45 Vガンダム46

胴体側にリング状のパーツを接着。カトキ氏の描くイラストのような首回りにしてます。
胸部中央にはVHFアンテナ?を設置。

ビームライフル

Vガンダム48

Vガンダム49

V1とセカンドVのライフルには、上部にディテールを追加。

ミノフスキーシールド用ジョイント

Vガンダム50

Vガンダム51

セカンドVのミノフスキーシールドは腕にも装備できるように、ビームシールドパーツに接続用のジョイントを作ってます。

素組みとの比較

Vガンダム52

表面処理も終盤です。

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

セカンドVは背中に武装をかかえていて、後ろに重いので自立しにくいです。
なので、足首には重りをいれてさらに、カカトを1ミリ延長して接地面を大きくしてます。

Vガンダム41

Vガンダム40

ビームシールド

Vガンダム39

キットを複数使用したので、余ったビームシールドは加工して、一部を展開していない状態も作ってみました。
F91から結構劇中でも多用されていますね。

Vガンダム38

さて、全パーツのおおまかな加工が終了しました。パーツ洗浄してサフを吹きます。

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

ミノフスキーシールドのおおまかな形状ができました。
基本的にMG版と同じ作りです。

Vガンダム32

基本はプラ板の箱組、積層からの削り出しです。

Vガンダム35

共通パーツは複製しましたが、久しぶりなのでかなり失敗しました。
薄いパーツは何度やってもうまくいかなかったので、地道にプラ板を加工しました。

Vガンダム34

接続は、すべて磁石です。

Vガンダム33

可動もなんとかできます。

Vガンダム37

ウェポンプラットホームには、腰サイドアーマーの接続パーツを使用してます。

Vガンダム36

Vガンダム31

セカンドVのシルエットができました。これからディテールを加えていきます。