MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

オラザク号が発売されたので、セカンドV アップデート版、ギャラリー公開です。
以前製作した「セカンドV」との比較です。

セカンドV 比較

2010年製作← →2020年アップデート
HGのキットによって新たに判明した背面設定をもとに、製作当時にはなかった「MG V2ガンダム」「精度の高い工具」「素材」そして「わずかに向上したと思われる技術」をつかってアップデートしました。

セカンドVは小説イラストのせいもあって、背面の装備が見える俯瞰からのショットが良いですね。

セカンドV

とにかく大好きなMSなので、こだわりました。

セカンドV111

カトキ氏のイラストには肩の青と白の境目のライン上にフィンがあるので、追加したんですがわかりませんね。

セカンドV120

もっと境目のラインを太くしないとダメですね。

ミノフスキーシールドは展開して、ビームシールド基部にジョイント可能です。微妙なアールを付けましたが、これもわかりませんね。
ウェポンプラットホームのアームも変更ポイントです。

セカンドV107

ブルーレイBOXのイラストのドッキング途中のイメージです。

セカンドV04

内部フレームは成型色生かしの簡易フィニッシュ。可動や変形は比較的気軽にできます。

いちばんこだわった頭部。MGのキットは精悍なイメージですが、放送当時のカトキ氏のちょっと優しげなイラストをかなり意識しました。

セカンドV09

セカンドV122

セカンドV125

セカンドV124

どの角度から見てもカッコよくなるよう、クマドリのラインやツインアイの形状・位置を調整しました。

フルアーマーセカンドV

フルアーマーセカンドV

オラザク用設定として、アサルトパーツを装備したセカンドVです。

「オデロ達ホワイトアーク隊のメンバーがウッソのために考案した、セカンドVにヴィクトリーの武装と次期ヴィクトリータイプの増加装甲を追加した机上プラン。
不安定なセカンドVがさらに不安定になるためウッソにはすぐに却下された。」

というオラ設定です。

アーマーや武装の接続は磁石です。このまま変形も可能だと思います。させませんが。
「セカンドVアサルト」 や 「セカンドVダッシュ」 が良かったのですが、すでにモデラーさんがネーミングされているので定番の「フルアーマー」ということで…

↓MG改修セカンドV アップデート ギャラリーページ更新しました。
セカンドV
2020年ホビージャパンの23回オラザク参加作品です。結果は一次通過でした。

HGUC ガンダム ピクシー機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079

ガンダム ピクシー01

プレミアムバンダイで発売された「HGUC ガンダム ピクシー」です。

ガンダム ピクシー01

プロポーションは良さそうなので、整面しながら仮組みしました。コブシにはビルドハンドを加工したものを使ってます。
では、気になるところを改修していきます。

脚部

ガンダム ピクシー03

股間軸のロール可動部の分割が好みではないので、フトモモの上部を一体化しました。
可動範囲は狭くなりますが、必要最小限の可動はできます。

肩部

ガンダム ピクシー05

ガンダム ピクシー04

少し大きい感じがしたので、接着面で1ミリほど幅詰めして前後幅を小型化しました。
左側が加工後のパーツ。

サブマシンガン

ガンダム ピクシー06

腰へのマウント用のピンが気になったので、切り落として磁石を仕込みました。

頭部

ガンダム ピクシー08

各部をシャープ化。アンテナには真鍮線を仕込んで補強してあります。

ガンダム ピクシー07

あまり変わってませんが、全身はこんな感じ。

HG 高機動型ザクⅡ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSV

HG 高機動型ザクⅡ32

デカールを貼っていきます。タイミング良く再販されたRG用のガンダムデカールです。
まずマークセッターを塗ってデカールを貼ります。位置決めして水分をふき取ったら、マークソフターで軟化させて密着させます。
僕はあまりデカールは貼らないんですが、これで大丈夫かなと思います。

HG 高機動型ザクⅡ33

デカール乾燥後トップコート。

HG 高機動型ザクⅡ34

武器類のスコープ部、モノアイにクリアパーツを付けます。

HG 高機動型ザクⅡ36

モノアイの底面はエッチングパーツです。

HG 高機動型ザクⅡ35

バーニアはメタルパーツ。外装をクリアブラック、インナーパーツをレッドで塗装。

HG 高機動型ザクⅡ38

HG 高機動型ザクⅡ39

他の小さなバーニア?は、ツブシ玉やICソケットピンです。

HG 高機動型ザクⅡ37

最後に動力パイプを組み上げて完成です。

高機動型ザクⅡ

コチラは画像ソフトによる合成です。ツノ付きのガイア機のナンバーは03ですが…

↓ギャラリーページはコチラ
06Rザク

HG 高機動型ザクⅡ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSV

サーフェイサーを吹きました。

HG 高機動型ザクⅡ29

キズやあまいモールドを処理していきます。

HG 高機動型ザクⅡ30

で、全体にペーパーがけをして表面処理。
シールドはRGのパーツに変更。四角いハッチ状のモールドは極薄プラ板を貼り付けてます。旧キットのオマージュです。

HG 高機動型ザクⅡ28

バックパックのダクト内は細かな塗り分けがあるので、プラ板で別パーツ化。整面時にジャマだったライン状のモールドも再生しました。
再度サーフェイサーを吹いてチェック後塗装。

HG 高機動型ザクⅡ26HG 高機動型ザクⅡ27

基本塗装後

HG 高機動型ザクⅡ31

細部の塗装とスミイレ。バックパック上部の赤い六角形状のダクトは、フィニッシュシートを使いました。
後はデカールを貼っていきます。

HG 高機動型ザクⅡ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSV

HG 高機動型ザクⅡ24

ツノ付き頭部は差し換えで再現します。

HG 高機動型ザクⅡ23

バズーカはグリップが可動するHGUCから移植。
06Rといえばバズーカ鷲掴みなので市販パーツの平手を使用。そのままだと持てないので、磁石を仕込みました。

HG 高機動型ザクⅡ22

動力パイプが付くとザクっぽさが増しますね。

HG 高機動型ザクⅡ25

いったんパーツ洗浄してサフります。