1/144 ガンダム機動戦士ガンダム, プラモ狂四郎, MSV

旧キットのパーフェクトガンダムからアーマーを移植。

パーフェクトガンダム17

仮止めしてあるだけなので一部のパーツが付いてないですが、バランスは良さそうです。胸部は大きすぎるのでプラ板でスクラッチしてます。

そしてもう一つ、フルアーマーガンダム。

フルアーマーガンダム18

こちらはパーフェクトガンダムとちがって結構タイトなので、胴体と肩のアーマーがスクラッチパーツ、脚部、前腕部、ランドセルがキットパーツです。
パーフェクトガンダムとフルアーマーガンダムを、それぞれ換装できるようにしていきます。カラーリングをどうするか悩んでますが。

ガンダム19

それともうひとつ、ガンダムのアーマーと言えば、

ガンダム20

Gアーマーです。
これも作っていきます。GアーマーはHGUCです。

HG + RG ザク・マインレイヤー機動戦士ガンダム, MSV

マインレイヤー24

サフを吹いて表面処理します。とはいえ一度完成させているキットなので、改修箇所以外はほとんど表面処理の必要はありません。動力パイプは処理が甘かったのと、頭部からバックパックに繋がっている分少し増えているので、一個一個表面処理しました。

マインレイヤー27

マインレイヤー26

マインレイヤー28

MSVということで、胸部・股間部・足甲部に旧キットにあるモールドを入れました。

マインレイヤー29

これですね。デカールも貼ります。

マインレイヤー25

再度サーフェイサーを吹いて下地を整えました。塗装です。

1/144 ガンダム機動戦士ガンダム

胸部

ガンダム11

胸部はHGUC(リバイブ版)です。コクピット上部やダクト部、ウエストを削り込んで形状変更してます。

ガンダム12

肩関節はオリジン版を使用。HGUCキットは跳ね上げのみですが、引き出しや跳ね上げができます。

ガンダム13

ガンダム14

ランドセルもHGUC(リバイブ版)を使用。設置面を幅詰めして薄くしてます。バーニア部はプラ板でふさいでます。
サーベルラックは「BEYOND GLOBAL」のものを角度を変えて使ってます。

ガンダム16

ウェスト内部には「BEYOND GLOBAL」のウェストを入れて屈伸時の隙間隠しに使用してます。

腕部

ガンダム15

肩と前腕を旧キット、上腕を「BEYOND GLOBAL」、関節はHGUC(リバイブ)を使用。

ガンダム10

ライフルとシールドはHGUC(リバイブ版)。

1/144 ガンダム機動戦士ガンダム

ガンダム02

脚部は「BEYOND GLOBAL」を使います。

ガンダム09

各部の形状や関節位置を微調整してます。

ガンダム06

足首

ガンダム07

ソールは赤と白の分割ラインを変更。
アンクルガードは前方へ出すぎな気がするので、位置を後方へ移動します。
キットの足首関節は使えなくなるので、市販のジョイントパーツを加工して使ってます。アンクルガードの接続はROBOT魂を参考に内側のみにボールジョイントで接続します。

ガンダム08

フクラハギは裏打ちして削り込みボリュームダウン。ヒザも削り込んでボリュームダウン。ヒザ関節のマルイチモールドはマルモールドへ変更。
フトモモも肉厚分削り込んでボリュームダウンしてます。

ガンダム04

腰は「エントリーグレード」を使用。股関節は「BEYOND GLOBAL」です。可動部に影響が出ないように、お互い切り込んでます。

ガンダム03

回転する股関節のおかげでかなりの可動ができます。

ガンダム05

腕を旧キットから移植。全体のバランスはこんな感じでいきます。

ガンダム05text

HG + RG ザク・マインレイヤー機動戦士ガンダム, MSV

以前作ったオリジンザクに「RG ザク・マインレイヤー」のバックパックを装着。
マインレイヤーとして、改修します。

マインレイヤー20

ザク本体も完成後に気になっていた所があるので、数ヵ所改修します。
腕部。

マインレイヤー21

スパイクアーマーから上腕、前腕ともRGを使用していましたが、前腕だけRGを使用します。

マインレイヤー22

そして一番完成後から気になっていた箇所なんですが、スネのスジボリは埋めました。モールドは無くしてシンプルにしてます。

マインレイヤー23

バックパックはアンテナを真鍮線に変更。

量産型ザクとしてはなくなりますが、今度出るHGUCのリバイブ版ザクを作りたいのでマインレイヤーとして生まれ変わってMSVシリーズの一員になってもらいます。