HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

Hi-νガンダム51

ラー・カイラムから直接ケーブルを繋いでエネルギーを供給するHi-νガンダムの大出力ビーム兵器。「ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー」
「METAL ROBOT魂」の紹介ページや「スーパーロボット大戦」の戦闘シーンを参考にスクラッチしました。

Hi-νガンダム50

画像ではわからない所もあるので想像の所もあります。それっぽく見えればいいんですが。27センチくらいあります。

Hi-νガンダム52

砲身はエバーグリーンのプラパイプで、他はだいたいプラ板の箱組です。グリップはジャンクパーツから移植してます。

Hi-νガンダム53

Hi-νガンダム53b

Hi-νガンダム53c

フォアグリップ?は三カ所で差し換えできます。

Hi-νガンダム54

Hi-νガンダム55

ちょうどプロペラントタンクが支えてくれます。

HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

上半身のディテールを復活させていきます。

Hi-νガンダム44

肩はνガンダムを使用していますが、Hi-νには下部に二カ所バーニアがあるので彫り込んだ後、エバーグリーンのコの字型プラ材でバーニアを作りました。
後、塗り分けラインをスジボリしています。

Hi-νガンダム45

下腕の丸モールドはハトメを使用。
ヒジの丸モールドはフチ薄化。塗装後にエッチングパーツを使用します。
握り拳はビルダーズパーツを使用。人差し指の付け根にプラ板でモールドをいれてます。

Hi-νガンダム43

テールスタビレーター内部は市販パーツを敷き詰めてディテールアップ。

Hi-νガンダム42

プロペラントタンクは、WAVEのオプションパーツを延長して使用。ボリュームアップしてます。

Hi-νガンダム47

ファンネルラックも大型化してボリュームアップ。
青と白の境目のラインを変更してます。
可動ファンネルの可動部は塗装しないつもりなので、まだ組立ててません。

Hi-νガンダム41

で、いったんサフりました。

Hi-νガンダム48

Hi-νガンダム49

HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

頭部のディテールアップをしていきます。
まずアンテナの先鋭化です。

Hi-νガンダム30

キットはメインカメラ部と一体化していて作業しにくいので、分割します。

Hi-νガンダム31

小アンテナが付く部分のハメ込み部に、影響の出ない部分で切り離しました。

Hi-νガンダム31b

まず先端の、安全基準フラッグをカットします。赤いラインのとこ。
ここはナイフやヤスリではなく、よく切れるニッパーで一気に切ったほうがキレイな直線が出せると思います。

Hi-νガンダム32

で、ここは先鋭化してしまうとよく折れます。塗装中でも最終組立中でも完成後でも折れます。
なので補強をしておきます。

Hi-νガンダム33

裏側にスジボリの要領で0.3ミリのラインを掘ります。そこに0.3ミリの真鍮線を瞬間接着剤で接着します。真鍮線は軽くペーパーをあてて表面を荒らしておきます。
工具はだいたいコチラを使用してます。

Hi-νガンダム40

ナイフで軽くアタリを入れてから、「目立てヤスリ」や「カットソー」でスジを入れて最終的に「シイタケのこ」で0.3ミリ幅にします。

Hi-νガンダム34

このHi-νはアンテナの根本にディテールがあるので、処理中に消えてしまわないようにナイフでモールドを彫り込んで深くしておきます。

Hi-νガンダム35b

まずは、赤い点線のところを削っていきます。デザインナイフで押すように切る場合もありますが、基本的に当て木をしたペーパーです。番手は180を使ってます。

Hi-νガンダム35

Hi-νガンダム36b

これは横から見た図になります。
次に赤い点線の前後の幅を削っていきます。

Hi-νガンダム36

ここはナイフで押すように切ってます。

Hi-νガンダム37

真鍮線が出てくるとプラとの境目がポロっと欠けたりしますが、瞬間接着剤でコーティングします。
最後に中央に山を作るように削って完成です。

Hi-νガンダム38

というわけで、僕はこんな感じでやってます。

Hi-νガンダム39

他、頭部の改修ですが、
バルカンはメタルパーツに置き換え予定です。
ホホあての部分は少し短くして上下に長いイメージを抑えてます。
あと、ホホのラインは従来のガンダムタイプに変更。ツインアイは削ってます。

HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

改修によって消えてしまったモールドを作っていきます。
ダクトパーツは市販パーツに良いサイズや形状がないので、エバーグリーンのプラ材を使って作っていきます。

Hi-νガンダム27

モールド入りプラ材をモールド形状にあわせてカット。断面をプラ板で塞ぎます。
下に敷いているのはシールの台紙。接着剤が付かないので平面が出しやすいです。

Hi-νガンダム28

で、整形。

Hi-νガンダム20

フクラハギは大型化したのでキットのものは使用できません。

Hi-νガンダム22

Hi-νガンダム29

Hi-νガンダム25

他、フクラハギ裏、フロントアーマー、サイドアーマーのダクトに使用します。

足裏

Hi-νガンダム21

足裏のバーニアは削り取ってメタルパーツを使用します。
Hi-νは背面の装備が重いので、足首内には鉛玉を敷き詰めてオモリにしています。

リアアーマー

Hi-νガンダム23

リアアーマーはνガンダムのそれを大型化して使用していますが、裏側は見えてしまうのでプラ板でモールドを入れてディテールアップしてます。

股間パーツ

Hi-νガンダム24

V字マークはプラ板を削りだして新造してシャープ化してます。

Hi-νガンダム26

下半身はとりあえず、これで表面処理行きです。

HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

腕部

Hi-νガンダム12

肩はνガンダムのものを使用。
右下腕は、青と白の分割ラインを変更したりで旧イメージよりに改修。
左側は、青いパーツ部分を大型化。

頭部

Hi-νガンダム13

前後に1ミリ幅増ししてます。フェイス部分は0.3ミリプラ板をはさんで少し前方へ出してます。アゴの角度は好みで下方向から前方へ変更。
首の接続ボールジョイントは1ミリほど後方へ移動してます。

背面

Hi-νガンダム14

テールスタビレーターはキットを芯にプラ板等で形状変更。

Hi-νガンダム15

芯にしかなっていません。

ファンネルラック

Hi-νガンダム17

キットは翼のような広がりで迫力がありますが、Hi-νのそれはマントのような垂れ下がったイメージなので、各ファンネルの取り付け角度を変更してます。
ファンネルラック自体も少し大型化してあります。

腰部リアアーマー

Hi-νガンダム16

νガンダムのものを大型化して移植してます。

で、全身のプロポーションはこんな感じになってます。

Hi-νガンダム18

フクラハギは前回よりもパテで大型化しています。

素組みとの比較

←素組み 改修→
Hi-νガンダム19

大まかな形状はこんな感じかな。ここからディテールを再生していきます。