RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

胴体部の制作です。
主な改修は、モールドの掘り直しやフチ薄化です。

RG サザビー12

ここは腰のリアアーマーのサイドパーツ。
黄色のダクト部分をフチ薄化します。

RG サザビー10

削るところに、色を塗るとわかりやすいです。ガンダムマーカーで塗ってます。
左のパーツは処理済みです。

RG サザビー11

こんな感じで削っていきます。

RG サザビー09

こちらも左側のパーツが処理済みです。シャープになったと思います。中央の黄色いダクトも同様の処理をしています。
バーニア部分は開口。
羽のようなフィンパーツは、ちょっとサザビーのイメージではないので切り取ってます。

RG サザビー13

RG サザビー14

股間のディテールは整面後にプラパーツで再生。台形の凸モールドはオミット。

RG サザビー15

フロントや下部の黄色いダクトパーツは全てフチ薄化しています。

RG サザビー17

上半身の脇の下のフィンも削り取りました。

RG サザビー18

RG サザビー16

拡散メガ粒子砲もフチ薄化。砲身にはメタルパーツを使用してます。
動力パイプ?は「スプリング」+コトブキヤ製「モビルパイプ」。

RG サザビー19

胴体部はこんな感じになってます。

RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

脚部。左側が作業後です。

RG サザビー04

RG サザビー06

ヒザのパーツは段がついているので、プラ板を貼って面一にしました。

RG サザビー05

スソの外側部分は広がって展開するようになってますが、分割ラインが気になるので接着して合せ目を消してギミックをオミット。段落ち部分も埋めてます。スジボリが途中で切れるので端まで入れてます。
2本のスリット位置が不自然なので上にずらします。消えたモールドはプラ板で再生。

なかなか休みが取れなくて作業が停滞してましたが、ペースアップしていきますよ。

RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

RGはしばらくはやめておこうと思ってたんですが、νガンダム(コレは作りたい)が発表されたので相手となるサザビーを作ります。
このキットもユニコーンと同じく、完成見本を見てもプロポーションは問題なさそうなので、仮組みを省いて表面処理しながら進めていきます。

RG サザビー00

足首部

RG サザビー01

右側が処理済みのパーツです。
ディテールの掘り込みや、ヒケ処理、エッジ出しがメインです。

RG サザビー02

RG サザビー03

一部消しているディテールもあります。この辺は僕の好みです。

RG フルアーマーユニコーンガンダム機動戦士ガンダムUC

↓フルアーマーユニコーンガンダム、ギャラリーページができました

Wifi推奨■ ■ ■ ■ ■ ■Wifi推奨
ユニコーンガンダム
Wifi推奨■ ■ ■ ■ ■ ■Wifi推奨

シールドのジョイントは余剰パーツを加工して作成。なんとか三連ディフェンスもできます。

ユニコーンガンダム シールド

RG フルアーマーユニコーンガンダム37

RG フルアーマーユニコーンガンダム38

フルアーマーユニコーンガンダム ハイパービームジャベリン

さて、このRGユニコーンガンダムは関節が硬かったりしますが、MGでの両モードのプロポーション崩れの問題もクリアしていて素晴らしいキットだと思います。
関節にはグリスを刺すと良いようです。僕はシリコンスプレーを吹きました。

撮影しているとバンシィも作りたくなります。そしてペルフェクティビリティも。

RG フルアーマーユニコーンガンダム機動戦士ガンダムUC

塗装が終わって最後にツインアイを貼ります。
RG フルアーマーユニコーンガンダム36

いつもはフリーハンドで切り出していましたが、なかなか左右の形がそろわなくて苦労していましたが今回、新兵器を導入しました。
テプラPRO
ラベルライターの「テプラ」です。
PC接続してプリンターとして出力できるので、画像ソフトでツインアイを描いてプリントできます。

テプラテープシルバー
テープの種類も豊富で、メタリックもあります。
これにツインアイを描いたものをプリントしました。

RG フルアーマーユニコーンガンダム31
上からいつもの半透明の蛍光テープを貼ります。
RG フルアーマーユニコーンガンダム32

切り出して貼ります。
RG フルアーマーユニコーンガンダム35

いままで何枚も切り出していましたが、一発です。
以前までの方法はコチラ
ちなみにテープには蛍光色もあります。

テプラテープ蛍光グリーン

RG フルアーマーユニコーンガンダム34

こちらでもプリントして貼ってみました。
実際には発色のいいグリーンで、光はツヤありの反射のみで発光もしません。写真写りはいいので、これはこれで面白いかと。

内部にモーターヘッドのような瞳モールドを描いてみました。

ツインアイ内部

さすがにこのサイズではうまくプリントできません。

ツインアイ内部プリント

これは使えないですね。
蓄光テープもあるみたいですので、いろいろ試してみてもいいかも。
蓄光テープ