HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

脚部の制作

下半身から制作していきます。

足首

クロスボーンガンダム02

クロスボーンガンダム03

ポリパーツ横のクルブシの二段状の凸モールドは、MG等の設定画を見ると、どうやらダクトのようなので削り取って掘りこみました。

足裏

クロスボーンガンダム06

肉抜き穴は、以前Twitterで見た方法で埋めてます。

フクラハギ

クロスボーンガンダム05

黄色いダクトは、フクラハギ前後を接着して合せ目を消したので、分割して後ハメしました。
黄色いパーツを左右切り離して離型処理をして、エポパテに押し付けて硬化後に外します。

フトモモ

クロスボーンガンダム04

ロール関節は外装パーツを接着して一体化。内部のみで回転させます。クリアランスがキツキツですが、なんとか可動します。

クロスボーンガンダム07

他、モールドを掘り直したり、各部先鋭化したりです。

HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

HGUC クロスボーン・ガンダムX1

クロスボーンガンダム01

仮組みしてみました。
プロポーションは特に問題なさそうですが、例によってフトモモのロール関節部が気になります。
後は、各部シャープ化と握り拳。主な改修部分はそこぐらいでしょうか。

X1改、X1改・改(スカルハート)、フルクロスとキットがあるので作りたいですね。

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

ゼータガンダム

↑人の意思の力を表現できるマシン「ゼータガンダム」ギャラリーページができました。

ゼータガンダム完成

ウェイブシューターにも換装できます。

ゼータガンダム ウェイブシューター

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

Zガンダム48

スミイレも終わってトップコート、メタルパーツの接着。ツインアイのテープを貼って完成です。

Zガンダム49

ですが撮影のポージングをさせていて、首回りの可動範囲の狭さに気づきました。
他はとっても良く動くんですが、首があまり動かないせいでポーズが決まりません。素立ちで飾る分にはまったく問題ありませんが、これではせっかくの売りである超可動が生かせません。

Zガンダム50

そこで、エリを1ミリほどカットしました。
これで少しは相手がいる方向を向けるので、演技させやすくなりました。

Zガンダム51

というわけで完成です!

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

ゼータガンダムの塗装も終盤です。
塗装前に気になったところを変更しています。

フトモモは前後を接着して合せ目を消しました。内部フレームの後部ピンを切って、前部はピン受け下部を削って後ハメ化してます。
Zガンダム44

前の改修はコレ
Zガンダム06
サフを吹いたら合せ目モールドが気になったので変更しました。

ハイパー・メガ・ランチャー

Zガンダム45b
シールドに装着する際に擦れて塗膜がもっていかれるので、磁石を仕込みました。

Zガンダム45
シールド側には、マグネットのプレートを入れます。(画像はまだ入れてません、トップコート後に入れます。)

Zガンダム46
アンテナ基部の下面にデカールでZマークを入れました。いいデカールがなかったので市販のCAUTIONデカールの「N」を切り取って、90度回転させて使ってます。

Zガンダム47

やっとスミイレです。