HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

塗装が終了しました。
塗装後の工程で、クリアパーツを付けていきます。

ガンダムGP02A 37

ガンダムGP02A 40

対艦ライフルのセンサー部と、肩のセンサー。
裏側にメタルテープを貼ってます。

スラスターと足裏のバーニア

ガンダムGP02A 38

ガンダムGP02A 39

バインダーの大バーニア(外側)以外はメタルパーツですが、そのままだとギラギラすぎるので、塗装してます。

ツインアイ

ガンダムGP02A 36

いつものように、メタルテープと蛍光テープの切り出しです。
目つきはかなり悪くしてます。

さあ、いよいよ完成。

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

ガンダムGP02A 32

ガンダムGP02A 33

基本塗装が終わって、スミイレも終了しました。

肩アーマー裏

ガンダムGP02A 34

肩のアーマーの裏側は結構目立つので、プラ板を切り出してフレーム色で塗ってフタをしました。

ガンダムGP02A 35

胸部、腰部、足首部の一部の内部フレームは、ABS製で可動箇所が多く、塗膜によってパーツこすれが怖いので塗装をしていません。

後はトップコートをしてツヤの調整をして、塗装作業は終了です。

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

ガンダムGP02A 30

表面処理も終わって塗装に入りました。

宇宙の蜉蝣2で、対艦ライフルを構えたGP02Aが描かれていたので、オリジンザクから持ってきました。

ガンダムGP02A ライフル

ガンダムGP02A 31

スコープ部分はくり抜いて、WAVEのH・アイズを使ってます。
仮止めなので暗いですが、完成時には裏面にメタルテープを貼るので、キラっと光るはずです。

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

せっかくなので、バリエーションである(MLRS仕様)にも換装するようにしました。

多連装ロケットシステム

ガンダムGP02A 26

可動部が挟み込み式なので、整面しにくいうえ塗装もしづらいので、ポリキャップを仕込んで後ハメ化しました。
バリエーションキットなので、ポリパーツが足らないからだと思いますが、ここは何とかしてほしい所ですね。
凸モールドは、整面後プラ板で作り直してます。

バインダーのバーニア

ガンダムGP02A 27

メタルパーツを使用していましたが、モールドが特徴的なのでキットを使用しました。
内部はメタルパーツを使用して二重構造にしてます。

ガンダムGP02A 28

ほぼ、パーツの加工が終了しました。
サフを吹いて表面処理です。

MLRS仕様

ガンダムGP02A 29

HGUC ガンダムGP02A機動戦士ガンダム0083

頭部

ガンダムGP02A 24

アンテナの先鋭化、バルカン部の開口、モールドの掘り直しなどの各部のシャープ化がメインです。

ガンダムGP02A 25

赤いクマドリ部は、キットのモールドが甘いので、削り取ってプラ板で作り直しました。

シールド

ガンダムGP02A 21

上部の三角内の丸モールドは、ハトメを使用。

ガンダムGP02A 22

四辺のダクトはフチ薄化。

アトミックバズーカ

ガンダムGP02A 23

砲身との接続部の凸部は、パーティングラインが消しづらいので削り取ってプラ板で再生しました。