Gセルフ 塗装~最終工程

表面処理が終わって塗装です。

Gセルフ48

ラッカーによる基本塗装後
アクリル拭き取りをやっていきます。

水性塗料
マジックリン

マジックリンを混ぜた水性塗料でアーマー裏を塗装していきます。

Gセルフ49

大雑把にマスキングして、エアブラシで吹き付けます。
乾燥後にマジックリンをしみ込ませた綿棒ではみ出た箇所を拭き取ります。
水性アクリルはラッカー系より乾燥が遅いので、ラッカー系の感覚でエアブラシで吹き付けると垂れやすいですね。ラッカーだとちょっと濃いな、ぐらいでちょうど良かったです。

Gセルフ50

細部の塗装、スミイレが終わった状態。

トワサンガ製シールドにはアームを追加しました。

Gセルフ52

Gセルフ53

伸びた状態。これで変形のジャマをするわけですね。

Gセルフ51

劇場版で印象的なツインアイ。
ラベルテープにプリントしたものを使いました。ただ金下地に白文字のカートリッジはないので、カートリッジを分解してテープを移植してプリントしました。

Gセルフ54

そして発光部の処理ですが、UVで硬化するカラー樹脂を使用したんですが、照射したUVの波長が違うのかうまく硬化せず何度も失敗しました。テストしたんですが…
またラッカーの下地を侵すみたいなので、失敗すると下地から塗装をやり直しなのでかなりダメージがデカイです。
また平面部分にはうまく流れないので凹部分にしか使ってません。平面部分との差がでてしまいました。反省。
結局、太陽光で硬化させました。晴れた日の日中しか作業できないので、とても時間がかかりますね。

あとは下半身の発光部ができたら完成!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。