格闘の拳

マニピュレータです。

旧ザク19

キットパーツを芯に、ひたすらパテ盛り⇔削り出しの繰り返しです。
パテの乾燥待ちのために、時間がかかります。
ジムの手もいっしょに作業してるので、まだまだ途中です。

乾燥待ちの時間中に、シールドを加工します。

旧ザク20

ニコイチして大型化。ザクのシールドってこのぐらいでかいイメージがあります。
約10ミリ左右に延長してます。スパイクはまだ付いてません。

旧ザク21

裏側もキットモールドを参考にプラ板でディティール。
シュツルムファウストは贅沢に2本装備です。

ザクは武器が豊富なんで、本体のカタチが出来た後だとペースが落ちます。
武器から先に作れば良かったなあ。
旧ザクは、素手のイメージが強いですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。