RG ジオング 腕・頭部の改修

腕部

ジオング12

肩の装甲分割は接着して一体化。外側の可動もオミットしてます。
腕のモールドは埋めたりしてシンプル化。

頭部

ジオング15

頭部も細かに分割されてますが、

ジオング14

コチラも接着して一体化。内部フレームは下からはめ込みます。

ジオング13

プラ板や瞬着パテでラインを変更しています。

ジオング11

全体像

ハンドパーツ

ジオング16

指は裏側のポリ部分をプラ板で塞ぎました。
ただ、成型上ポリ素材のほうがプラ素材より上に出ているので、隙間に瞬着を埋めたとしてもそのままでは接着強度が不安です。

ジオング16A ジオング16B

そこで、ポリ部分を彫りこんでプラ素材より窪ませました。

ジオング16C

プラ同士を接着します。

ジオング16D

整形して完成

ジオング16E

これを左右10本の指のそれぞれの節に加工します。30個ですね。
集中力が続かないので他の作業も混ぜながらやります。

RG ジオング 腕・頭部の改修” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    頭部はHGやMG基準の面構成に直したんですね
    設定画はうねったラインで確かに変な構成ですからね
    RGは意外とうまく拾ってると思いますが、やはり違和感はありますよね
    凸点が途中でいきなり凹面に変わったり・・・w

    1. エス・ケー より:

      まだ仮の段階です。サフを吹いてみて変える可能性大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。