HG ジム・スナイパーカスタム 胴体部

腰部

リアアーマーは固定されているので、可動化します。
ジム・スナイパーカスタム09

まずは切り離します。

ジム・スナイパーカスタム11
中央部をくり抜いて、その内部にKPSランナー(いわゆる軟プラ)のタグを仕込みます。

ジム・スナイパーカスタム12

穴を開けて、アーマー側にプラ棒を接着して可動化しました。

胸部

ジム・スナイパーカスタム13b

ダクトの形状が好みではないので、

ジム・スナイパーカスタム13

市販パーツを使って形状変更しました。胸前面の角度もヤスって垂れ下がった感じにしてます。
ウエスト下部のパーツは、一回り小さいオリジンガンダムから移植。内部のジョイントもそのまま使えます。

ジム・スナイパーカスタム14

胴体部もモールドは埋めてシンプルラインにしてます。

ジム・スナイパーカスタム15

上部を切り取って小型化しています。
モールドの位置を見るとわかると思いますが、90度回転してます。

ジム・スナイパーカスタム16

RX-78ベースの肩のラインは胴体と一直線であってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。