パーフェクトガンダム 肩の可動部

パーフェクトガンダムの肩アーマーの構成です。

パーフェクトガンダム31

アーマーの内部に可動軸を設置しました。

パーフェクトガンダム32

ノーマルガンダムとの接続パーツに磁石を仕込んで固定します。

パーフェクトガンダム33

可動具合はこんな感じになります。

パーフェクトガンダム34

なんとか水平近くまで腕を上げることができます。ROBOT魂では横のアーマーがスライドしていましたが、こんな感じにしてみました。
ノーマルガンダムの肩関節は胸部アーマーと肩アーマーで、ほとんど動かなくなります。

シールド

パーフェクトガンダム30

リバイブ版HGUCのシールドにパーフェクトガンダムの基部を底上げして移植。可動はボールジョイントを仕込みました。
サーベルラックはプラ板で新造。サーベルはキットを使いたいのですが、このためだけにキットを購入するのも勿体ないのでプラ棒で自作します。まだ切り出しただけですが。
機雷もプラ棒で別パーツ化してます。

パーフェクトガンダム35

バックパックに水鉄砲キャノンを付けて、ようやくパーフェクトガンダムのシルエットができました。エネルギーチューブが付いてないですが。
ここから細部を調整していきます。

パーフェクトガンダム29

そして、「新プラモ狂四郎」の最終話で登場した「ゴールドガンダム&シルバーファイター」をオマケとしてですが、バックパックの換装で再現させます。
作中だとガンダムは真鍮製、コアファイターはアルミ製なんですが。
ちなみに使用してるコアファイターは1/100です。

ゴールドガンダム&シルバーファイター

ゴールドガンダム&シルバーファイター見参

パーフェクトガンダム28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。