ザク強行偵察型 上半身

ザク強行偵察型07

ザク強行偵察型の上半身の製作です。

腕部

ザク強行偵察型19

腕部はリバイブザクです。

ザク強行偵察型20

良い感じに肩に切り欠きがあるので、そこにカメラユニットを設置してます。
上腕にある可動部の切り欠きは埋めてます。可動範囲は狭くなりますが、ガワラ曲げ時の可動は少しで良いので埋めました。

ハンドパーツ

ザク強行偵察型08

握り拳はキットをベースに作り変えます。

ザク強行偵察型09

まず、親指を残して切り離します。

ザク強行偵察型10

パテを盛ります。使用しているのはエポパテ。

ザク強行偵察型11

親指に離型処理をしてはめ込みます。

ザク強行偵察型12

パテの硬化後に親指を取り外して、削り出して指を成形します。

頭部

ザク強行偵察型13

上部の切り欠きを開けて強行偵察型の頭部にします。スジボリがガイドになるので楽です。

ザク強行偵察型14

モノアイは上にも可動するので、ポリキャップを仕込んで可動化しました。

ザク強行偵察型15

プラパイプに市販のジョイントパーツを埋め込んでます。

ザク強行偵察型16

ザク強行偵察型17

ザク強行偵察型18

見た目は悪いですが、左右と上に可動します。

バックパック

ザク強行偵察型21

プラ板の箱組みです。

カメラガン

ザク強行偵察型22

コチラもプラ材によるスクラッチです。

ザク強行偵察型23

動力パイプを作らねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。