苦手な作業

Gディフェンサーの左右のユニットの挟み込みパーツ

ガンダムMk-Ⅱ58

先に塗装してから組み込みます。

グレー部分の塗装は、残り塗料を混ぜ合わせたベースグレーです。
結構、濃度は薄めなんですがほぼ一回の吹き付けで、下地を隠蔽してくれます。

このベースグレーが乗る個所は、無理に下地を均一にしません。
キズがない事を確認したら、サーフェイサーもムラがあろうが終了。
なるべく塗膜は、薄くしたいですもんね。

塗装が終わったら組みこんで接着。

ガンダムMk-Ⅱ59

マスキングして、合わせ目を消します。
ちなみに、僕はパーツの接着は、ほとんど瞬間接着剤を使用します。
スチロール系の接着剤のムニュっと溶けてくるのも、好きなんですけどね。

マスキングは結構適当です。
あとで、リタッチするつもりですので、深いところに塗料がかからなければOKです。

後ハメできればいいんだけど、方法が思いつきませんでした。
こういう作業は苦手です。
このパーツにもサフを吹いて、問題ないようなら塗装に入ります。

苦手な作業” に対して2件のコメントがあります。

  1. エス・ケー より:

    確かに塗装は楽になりましたね。^^
    マスキングを一切しないキットもあります。

    だから、マスキング上達しないし苦手なままなんです。

  2. RAIMU より:

    確かに挟み込みのパーツの塗装ってしんどいですね。後ハメ加工も面倒ですしね。昔はっそんなんばっかでしたから今はずいぶん楽ですけどね。頑張ってください。そのうち僕もMk-Ⅱ完成させます。またいろいろネタ使わせてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

塗装開始