HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

ゼータガンダムの塗装も終盤です。
塗装前に気になったところを変更しています。

フトモモは前後を接着して合せ目を消しました。内部フレームの後部ピンを切って、前部はピン受け下部を削って後ハメ化してます。
Zガンダム44

前の改修はコレ
Zガンダム06
サフを吹いたら合せ目モールドが気になったので変更しました。

ハイパー・メガ・ランチャー

Zガンダム45b
シールドに装着する際に擦れて塗膜がもっていかれるので、磁石を仕込みました。

Zガンダム45
シールド側には、マグネットのプレートを入れます。(画像はまだ入れてません、トップコート後に入れます。)

Zガンダム46
アンテナ基部の下面にデカールでZマークを入れました。いいデカールがなかったので市販のCAUTIONデカールの「N」を切り取って、90度回転させて使ってます。

Zガンダム47

やっとスミイレです。

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

表面処理があらかた終わりました。

Zガンダム38

ウェイブライダーへ
Zガンダム39

ウェイブシューター版
Zガンダム40

変形時に擦れる所は調整が必要ですね。

そして、表面処理が終わってサフ吹き。
キズチェックをして塗装を開始です。

Zガンダム41

で、塗装中に気になったので、ロングサーベル時のライフル握り手を、市販パーツを加工して作りました。

Zガンダム42

ただうまく固定はできないので、磁石を仕込んでます。それでもちょっとしたことで外れてしまいますが。

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

サフを吹いて表面処理をしています。

Zガンダム37

気になった箇所や、処理しにくい所を改修していきます。

Zガンダム30
肩の六角形のパーツは、裏側を埋めました。埋めたラインにそってスジボリを入れてます。

Zガンダム34
フライングアーマーも裏側内部の空洞をプラ板で塞ぎました。

Zガンダム29
ビームライフル後部の円柱パーツは合せ目処理しづらいので、いったん切り取って合せ目処理してから接着してます。

Zガンダム36
センサー部も合せ目処理しづらいので、フチ薄処理もかねて市販パーツを貼り付けました。

Zガンダム31
ハイパー・メガ・ランチャーのマズル取付部も合せ目処理しづらいので、ピンを切り取ってペーパーがけ。
Zガンダム32
スッキリしました。
Zガンダム33
接続は取付ピンをマズル側に変更。

Zガンダム35
サーベルの握り手は、左手を市販パーツを加工して製作。ゆるやかな角度にしてます。

表面処理はまだまだ続きます。

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

シールド

Zガンダム20

先端部をプラ板で鋭化しました。

ビームライフル

Zガンダム21

ピンを削って後ハメ化。ペーパーの当てづらい箇所はモールドをいったん削り取って、処理後にプラ材で再生してます。

ハイパー・メガ・ランチャー

Zガンダム23 Zガンダム24

エネルギーチューブらしき部分は、いったん切り取ってビニールチューブに置き換え。色は赤ですが変えるかもしれません。
グリップカバーの基部は、ピンを削って後ハメ化。肉抜き穴は埋めてます。

フライング・アーマー

Zガンダム22

ストレートです。後ハメもしていません。塗装はマスキングします。

ウイングバインダー

Zガンダム25

ウェイブシューター時のウイングバインダーは、バーニア部分をくり抜いてメタルパーツに置き換え。
こちらもウイング部分は後ハメ化はしていません。

それぞれの全身像です。

Zガンダム26 Zガンダム27

大きな違いは背面なので、正面からのショットではなかなか違いが分かりませんね。

HGUC 203 Zガンダム機動戦士Zガンダム

腕部

Zガンダム12

主に後ハメ加工と各部のシャープ化が中心です。

Zガンダム13

肩は分割ラインを変更。後ハメ化してます。

Zガンダム14

ダクト部分は開口してます。

Zガンダム15

下腕もピン受けを削って後ハメ化。

Zガンダム16

グレネードランチャーのハッチは、いったん削り取って整面後プラ板で整形。

頭部

Zガンダム17

主な作業は、スジボリの掘り直し、バルカンの開口、アゴ、アンテナの先鋭化といった基本工作です。
ツインアイはいつものようにテープで再現予定なので、削り取ってます。

全身像

Zガンダム18

背面のフライング・アーマー等もシャープ化などの基本工作で、特に大きな改修はしていません。