HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

Hi-νガンダムの脚部です。

足首部

Hi-νガンダム03

つま先の先端が折れているデザインですが、直線にします。プラ板を貼って削り、ラインをまっすぐにしました。

フクラハギ

Hi-νガンダム04

太くしたいので、ヒザとフクラハギの側面にプラ板を貼ってボリュームアップしました。ここはまた変更するかも。

フトモモ

Hi-νガンダム05

エッジにC面をつけて、直線的にしました。正面の分割ラインは消しました。
股関節は最近のHGUCの関節を移植して、ロール可動に変更してます。

素組との比較

Hi-νガンダム02

全体のバランスでまだ変更するかもしれません。

HGUC Hi-νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

サザビーの次はもう古いキットになりますが、逆シャアつながりで積みプラから「HGUC Hi-νガンダム」です。

Hi-νガンダム 箱

Hi-νガンダム01

MGがスタイリッシュにリデザインされて、そのままHGUCでも発売されましたね。
このままでも十分カッコイイのですが、やはりHi-νといえばボリュームある初期のイメージなのでその辺を改修していきます。

RG νガンダムまでには完成させたい。

RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

サザビーの表面処理が終わって、塗装工程です。
サザビーの赤は2色あって、濃淡をつけているんですが写真でわかるかどうか。

RG サザビー42

RG サザビー43

バーニアはメタルパーツです。外装をクリアブラック、内部パーツをイエローで塗装してます。

RG サザビー44

RG サザビー45

RG サザビー46

RG サザビー47

デカールは好みで貼りませんが、シャアのマークとネオ・ジオンのマークは貼ってます。

RG サザビー48

RG サザビー49

リアリスティックデカールは、腰の左フロントアーマーのパーソナルマークとシールドのエンブレムを貼ってます。
極力余白を切り取りました。

最後にトップコートをしてようやくの完成です。

↓ギャラリーページはコチラです。
サザビー

RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

頭部

RG サザビー34

モノアイのクリアパーツ後部が邪魔で、左右への可動ができないので後部を切り取って可動化しました。

RG サザビー35

この後、モノアイ部分は市販の丸モールドパーツを接着します。

RG サザビー36

フェイス部分ですが上下に少し長い気がしたので、アゴの部分を少し削って短くしました。

RG サザビー37

RG サザビー39

股間パーツ上部のフィンも他の箇所同様に削り取ってます。

RG サザビー38

RG サザビー41

スソのスリットは彫り直しましたが、底面がガタガタなんで開口してスリット入りプラ板で塞ぎました。

RG サザビー40

ようやく表面処理が終わって塗装に入りました。

RG サザビー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

腕部

RG サザビー20

肩の外側のフィンも、腰部や脇の下同様に削り取ってます。

RG サザビー21

基本的にモールドの掘り直しがメインです。

RG サザビー22

下腕外側は上下でパーツ分割されていますが、分割ラインが気になるので接着。合せ目を消してます。
ここの外装は手首伸縮のロックを兼ねていますが、ロックは上部パーツも含めて行います。

バックパック

RG サザビー24

ファンネルはフチ薄化して、砲身はICピンを使用してます。

RG サザビー23

プロペラントタンクの凸モールドは整面後プラ棒にて再生。

頭部

RG サザビー25

メット横にある凹モールド(白く見えるところ)は、埋めてます。

バーニア

RG サザビー26

RG サザビー27

RG サザビー28

RG サザビー29

各バーニアはシャープなメタルパーツに置き換え。

武器

RG サザビー30

RG サザビー31

ロングライフルはガンダムエース付録のもの。

RG サザビー33

シールドもモールドを掘り直したり、エッチングパーツを貼ったりでディテールアップ。

RG サザビー32

ようやく全パーツの加工が終了しました。
パーツ洗浄してサフ吹いて表面処理します。