頭部、武装類の制作

頭部

ガンダムGP02A 24

アンテナの先鋭化、バルカン部の開口、モールドの掘り直しなどの各部のシャープ化がメインです。

ガンダムGP02A 25

赤いクマドリ部は、キットのモールドが甘いので、削り取ってプラ板で作り直しました。

シールド

ガンダムGP02A 21

上部の三角内の丸モールドは、ハトメを使用。

ガンダムGP02A 22

四辺のダクトはフチ薄化。

アトミックバズーカ

ガンダムGP02A 23

砲身との接続部の凸部は、パーティングラインが消しづらいので削り取ってプラ板で再生しました。

頭部、武装類の制作” に対して2件のコメントがあります。

  1. エス・ケー より:

    裏打ちしているプラ板は0.3ミリですよ。
    低粘土の瞬間接着剤で接着しながら貼付けます。簡単に曲がります。
    白いのでわかりませんが、隙間は瞬間接着剤パテで埋めてます。

    スソも同様です。

  2. まーく より:

    ヴィクトリーできてるし。
    サイサリス作ってるし。
    もう武器まできてるし。

    ご無沙汰してしまって申し訳ありません。
    ヴィクトリーのギャラリーは堪能させて頂きました。
    素晴らしかったです。
    グリグリ動いてますね。
    GP02Aも楽しみにしております。

    いっこだけ質問を。
    バインダーの裏打ちをしているプラ板は曲面に追従しているように見えます。
    どうやって曲げたんですか?
    あぶりでしょうか?
    0.5mmくらいなら柔らかいからそのままとか?
    ご教授下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

MLRS仕様