狂四郎版へ

いつものように、脚部から作っていきます。

足首部

レッドウォーリア02

左側が改修後です。
狂四郎版との違いは、甲に付いているグレーのパーツ。アメイジング版は縦に長い感じです。
キットパーツを加工して、横向きに変更しました。
マルイチモールドはマルモールドに変更。関節の肉抜き穴は塞ぎました。

フトモモ~スネ

レッドウォーリア03

フトモモのロール可動部は分割されていますが、あまり好きではないので、一体化しました。
ヒザ関節は後ハメ化。スネ装甲は狂四郎版では、スネ全体をカバーしているのでプラ板等で変更。

レッドウォーリア04

アメイジング版のアレンジは、なかなかカッコイイですね。

狂四郎版へ” に対して2件のコメントがあります。

  1. エス・ケー より:

    どうもです。
    おっしゃるとおり、太モモ関節のロール機能はそのまま生かしてあります。写真ではその部分が写ってないですね。
    解説でも触れてませんでした。

    次回の腰部分の改修記事でアップします。

  2. ぷらっちっく より:

    こんにちはー!

    このキットが出た時は驚きました!
    (@_@)マサカッ!!
    狂四郎版はアメイジングに比べるとシンプルでスッキリした印象ですよね!

    エス・ケーさんの工作はとっても丁寧で仕上がりがキレイで、惚れぼれしちゃいます!
    スネのところとかもう…(´Д`)ハァハァ

    あと質問なのですが……、
    太モモと付け根を一体化させた部分はロールを殺してるのでしょうか?それとも中だけはロール出来るように削ったりしてるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。