表面処理・デカール自作

HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

クロスボーンガンダム38

全パーツの加工が終わったので、サフを吹いて表面処理へ。

クロスボーンガンダム39

頭部のアンテナは途中で折れたので、真鍮線を埋め込みました。

そして、クロスボーンバンガードのエンブレムですが、キット付属のシールだと胸部の球面に貼るとシワができそうなのと、シールに切込みがあって不自然なのでデカールを自作することにします。
で、そのエンブレムですがF91時代のクロスボーンバンガードのマークと、クロスボーンガンダム時代の新生クロスボーンバンガードとでは、微妙にデザインが違う?ようです。

クロスボーンガンダム33

コミックスの目次ページを見ながら、画像ソフトで作りました。
右が新生クロスボーンバンガードのエンブレムです。黒い装飾が入っています。

これをレーザープリンターで、デカールシートにプリントします。

クロスボーンガンダム37

黄色は少しオレンジよりにしたかったのですが、予想はしていたんですが中間色はうまく印刷されないようです。
クロスボーンガンダム35
黄色に赤のラインが入ってオレンジに見せています。遠目で見れば問題ないでしょうが、1/144サイズでは不自然です。
なので、イエロー100%、マゼンタも100%で、0か100でのカラー設定です。
クロスボーンガンダム36
ラインはなくなりました。

当然これは下地が白での条件です。胸部のカラーはダークブルーなのでそのまま貼ると下地が透けてまったく見えません。
ホワイトデカールで下地を作るか、塗装で白く塗るかしないといけません。
インクジェット用のホワイトデカールを使うか、それともTwitterで見たテプラデカールに挑戦してみようかなあ。