足首関節

足首関節です。

パワードジム22

このままでも良いんですが、可動軸を仕込みます。

前後に分割します。

パワードジム23

マスキングテープであたりをつけて、慎重に切断します。

切断後の後部パーツを…

パワードジム24

内部の接続ダボをリューターで削り取ります。

プラ板、プラ棒で可動部を作って、完成したパーツです。

パワードジム25

後部にポリキャップを仕込み、回転軸を追加。

アンクルアーマー

パワードジム26

後ハメには、磁石を使ってみました。

完成

パワードジム27

パワードジム22

アンクルアーマーごと可動します。
可動範囲も広がりますし、接地性も向上します。
なにより、スネから爪先につながるラインが自然になり、立ち姿がキマルようになります。

足首関節” に対して2件のコメントがあります。

  1. エス・ケー より:

    どもです。
    こちらこそはじめまして。
    軸はなるべく下部にあったほうが自然ですよね。^^

    この加工は、結構簡単で思ったより接地力がUPするので、オススメです。
    素立ちにも、オススメの工作だと思います。

  2. ムギマロ より:

    こんばんわ。はじめまして。
    このキットってジョイントがスネの方にセットされてますからね。
    僕は軸を無理矢理曲げてましたが、明らかにエス・ケーさんの方法がベストですね。
    勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

足裏

次の記事

腰部