HGUC ガンダムNT-1機動戦士ガンダム0080

えと、ツインアイの製作です。
gundam-nt-132
コレ、左は100円ショップで買った蛍光テープ。右はおなじみメタリックテープ。
蛍光といっても、光を反射したり、暗闇で光る、といったモノではなく、あくまで発色の良い色といった感じ。

コレは半透明なので、下にメタリックテープで反射層を作ります。

で、目の形に切り出して、貼ってみる。
gundam-nt-133
シンメトリーがでてませんけど。
ツヤ消しなので、付属のシールより落ち着いた感じでしょうか。

写真はアレですが、実物はもっとキラキラしますヨ。

HGUC ザクⅡ改機動戦士ガンダム0080

この日のために、とっておいた旧キット。
ザクⅡ改03
ウソです。

いつか作ろうと思って作ってなかったモノです。
そういえば、新品のまま取ってあったようなと、古い記憶をたよりに、押入れの奥を捜索。

あった!
ビニールも開けてなかった。

さて、HGUCに使えるだろうか。

HGUC ザクⅡ改機動戦士ガンダム0080

脚部です。
ザクⅡ改02
全体に1ミリプラ板をはさみ、ボリュームアップします。

単純にパーツを切り、スペーサーをはさむ方法だと、内部フレームや関節部の調整、ディティール等、ややこしくなるため、プラ板をはさんだのは前のパーツのみ。
フレームパーツは後部パーツに接着。
当然、前パーツとズレがでるので、パテでならします。
ヒザパットや、ソール部は、0.5ミリのプラ板を側面に貼りつけてます。

もう少し、ボリュームアップするかも…

アレックスは塗装中。

HGUC ザクⅡ改機動戦士ガンダム0080

早速、仮組み。
ザクⅡ改01
劇中よりスマートな感じ?

これはこれでカッコイイのですが、なんて言うか、重心位置の問題なんでしょうか? 重さを感じないと言うか。
うーん、とにかく待ってたキット。じっくり攻めますヨ。

アレックスのほうも塗装前の状態なんで、同時進行でいきますヨ。

HGUC ガンダムNT-1機動戦士ガンダム0080

ザク改はまだ届かないので…

アレックスの製作を続けます。

頭部を若干修正しました。
gundam-nt-130
トサカの頂点部を削り、低く。
ヒサシを削り込み、角度を変更。
フェイス部のクマドリ部の目尻部分をプラ板を貼って、削り込み形状変更。
ホホあてがハの字なので、工具を使って割れないように、強引に平行に。

目は蛍光テープを使ってみようと思います。

武器もふくめた、全身像。
gundam-nt-131
シールドは、グリップの付き角度を変更。
位置が下がりすぎたので、基部パーツを従来のキット位置に戻します。

さぁパーツ洗浄して、サフに入ります。