HGUC ザクⅡ機動戦士ガンダム

手首はキットの出来がいいので、左の握り手と、右のヒートホーク用の握り手をパテで作製。

指部分だけですね。

サイドスカート裏にモールドをいれます。

スライド式にしたので、裏も見えてしまいます。

肩関節を1ミリ上に。

チョット肩が低いかなと思ってたんですが、強度面からそのままにしていたんです。
ヤッパリ上げます。
軸だけ切ると絶対に強度不足なので、こんなかんじで切断して、再接着。
その後、整形します。

で、全身

パイプが付くと、途端にザクっぽく。
パイプの構成は、アルミ線→スプリング→モビルパイプ、です。
モビルパイプは1個1個リューターにかまして、簡易旋盤で整形。
股間も、さらにプラ板で1ミリ前に突き出してます。

 

HGUC ザクⅡ機動戦士ガンダム

頭部です。

モノアイの支柱を取っ払い、プラ板にて少し前方へ移動しました。
動力パイプは、コトブキヤ製の「モビルパイプ」に変更する予定なので、基部にスプリング受けを設けます。こちらはWAVE製「U・バーニアフラット」。

内部


ベースは旧ザクです。
ポリキャップ、プラパイプで、モノアイの回転軸を作ります。
あとは周囲を、それらしくディティールアップ。
頭部は、上からかぶせるカタチになります。

全身を組み立てて、バランスチェック。

うーん、動力パイプ付かないと、わかんないですね。

さて、パイプ地獄いきますか。

HGUC ザクⅡ機動戦士ガンダム

上腕部です。

ABS製の間接の後ハメ化。
フレームパーツに3ミリ径の穴を開け、肩側に同径のABSランナーを固定します。
下腕部との接続はごらんのとおり。塗装後に接着します。

下腕部

肘パーツをザクから移植。肘の÷モールドは埋めました。
手首カバーはHGUC定番、コトブキヤ製「丸ノズル」。

なかなかペースが上がらない…

 

HGUC ザクⅡ機動戦士ガンダム

えと、左肩のスパイクアーマーです。

ザク系においての定番工作、スパイクの先鋭化、そして中から出ているようにスパイク付け根をスジボリ、フチのうすうす攻撃。

で、裏側。

フチの裏は、細切りプラ板を貼り付け。
そして、どうしようか悩んだ肩との接続受け。
見えない位置にボールジョイントを仕込もうかと思いましたが、可動を考えてキットの接続方式に。
ポリキャップと基部が丸見えなので、ディティールアップ。ポリキャップには、中央にスジボリを追加。

MG Ver.2.0のような二重間接が良かったかな。
と、いま思った。

HGUC ザクⅡ機動戦士ガンダム

ザクのシールドって、デカいイメージあるんで、
でっかくしてみました。


両側を5ミリ、計10ミリ幅増し。
5ミリ角棒を、使ってます。

裏側もキットを参考に、0.3ミリプラ板でモールドを作り直してます。

デカすぎ?