HGUC 百式機動戦士Zガンダム

塗装工程はほとんど終了しました。
百式36
メタルパーツや、細かいパーツを取り付けてテンションが上がりましたが、手首パーツのマスキングが残っていたのに気づき、テンションダウン。

面倒な作業なので、時間かかりそうです。

HGUC 百式機動戦士Zガンダム

金色の表現には、いろいろあります。
ゴールドの塗料もかなりありますし、シルバー下地にクリアーカラーを使用したり、パール系やマジョーラ系とか、他にもあるでしょう。

どの方法も非常に手間がかかります。

百式34
クリアーカラーは非常に工程が多くて失敗のリカバリーも難しいので、とりあえずやってみたのは、
下地に「ブラック」→フィニシャーズの「ナイトゴールド+ブラック」→「ナイトゴールド」
とMAX塗りの要領でグラデーションしてみました。

この上からパールを吹いてみようかと思ってますが、どうなるか…
とりあえず、テストパーツに吹いてみて、試してみたいと思います。

HGUC 百式機動戦士Zガンダム

さて、ようやく表面処理が終わったので、塗装開始です。

まずは金色の下地として、黒を吹きます。
百式33
この色はブラックに、いつもの残った塗料を混ぜたベースグレーを加えて、隠蔽力を稼いでます。

神経使うなあコレ

HGUC 百式機動戦士Zガンダム

サフを吹くと、やはり大量のキズやゆがみが見えてきます。

金色部分は鏡面にしたいので、いつもよりペーパーの番手をあげてヤスリます。
百式32
まだまだ、パーツあります。

HGUC 百式機動戦士Zガンダム

ひとまず全パーツのペーパーがけが終了しました。
百式30
百式は、かなりシャープなイメージがあるので、とにかくエッジや面に気を使って、触ったら切れる!ような感じで、ペーパーがけしてます。

素組みとの比較
百式31
さて、本サフです。

…その前にパーツ洗浄ですね。