HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダム、ギャラリーにアップしました。

やはりファンネルを背負うと重心が傾きますね。
足に重りを入れたほうがいいみたいです。入れてませんが。

このνガンダムは、HGUCでは最高のデキではないでしょうか。
やはり伊達じゃないです。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

ファンネルのベースはこんな感じに
νガンダム40
アクリルキューブにプラ棒を差しただけです。
プラ棒の先には、磁石を接着してあります。

磁石での接続になります。
νガンダム41
こんな感じ。
長いベースでも、不安定ですが倒れないです。

ということで、ようやく完成になります。
いつものように、アクションポーズを撮影してUPします。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダムの全ての塗装工程が終わりました。
νガンダム33

で、メタルパーツを取り付けていきます。
各部バーニア
νガンダム34 νガンダム35

ヒザ関節のシリンダー
νガンダム36

頭部のバルカン
νガンダム37

接着には瞬着を使いたいのですが、位置決めが難しいのと白化が怖いので、エポキシ系の接着剤を使います。

νガンダム38
ここはツブシ玉です。

各センサー&ツインアイには、メタルテープ+蛍光テープを使用。
gundam-nt-132

これでようやく全ての工程が終了。
上がるテンションを抑えつつ、塗膜に気をつけながら組み立てていきます。

ということで、とりあえずνガンダム本体は完成。
νガンダム39
“本体は”です。

この後、ファンネルのベースを作ります。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

現在スミ入れ中。
νガンダム32
基本塗装は終了しました。
意外と細部の塗装が多いです。作業率低下ぎみ。

なかなかトップコートに進めない。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダム塗装中です。
ホワイトが完了したので、マスキングをしてイエローを塗装します。
νガンダム31a
僕は結構マスキングゾルを多用します。

直線的なところはテープですが、小さいパーツや複雑な三次曲線なんかはゾルでいきます。
付属のハケではなく色調スティックでのばしながら、液体特有の表面張力を利用して塗っていきます。

ゾルだとテープの境目から塗料がしみこむ失敗も少ないと思います。

で…
緊張のマスキングはがし。
νガンダム31b
ま、OKかな。