HG ザクキャノン機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

動力パイプの加工です。

 

HG ザクキャノン12

キットのものは使わず、コトブキヤのサポートグッズ「モビルパイプ」を使います。
リューターにセットした簡易旋盤で整面。エッジは面取りカップビットで。

HG ザクキャノン13 HG ザクキャノン14

構造はアルミ線、スプリング、モビルパイプです。脚部のパイプは少し垂れ下がった感じにしてます。

HG ザクキャノン15

胸部付根のパイプは角度が急なので、角度を付けて削ってあります。
さて、いったんパーツ洗浄してサフって表面処理します。

HG ザクキャノン機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

腕部

HG ザクキャノン07

リバイブ版のグフを使用してます。シールドやスパイクアーマーの接続軸は、ザクキャノンの物を移植してます。
ヒジ部分はグフのままだと鋭利すぎるのでカットしてます。画像だと左側(右腕)。
ハンドパーツは、ビルダーズパーツMSハンド ジオン系を使用してます。最近はハンドパーツもたくさんありますが、こういったキットは定期的に再販してほしいですね。(入手できなければ自作しますが時間がかかるので)

HG ザクキャノン09

スパイクは穴をあけてプラ棒を接着して削り込んで先鋭化。中央のは接着剤が完全乾燥していないので、まだしていません。
根本には太いスジボリを入れて別パーツ感を強調。中から生えているように。

頭部

HG ザクキャノン08

モノアイの回転軸をプラパイプで作成しました。スジボリ入りプラ板で軽くディテールアップしてます。モノアイは市販パーツでクリアパーツを使用します。

HG ザクキャノン10

ランチャーのアームは肉抜き穴を埋めました。

HG ザクキャノン11

次は動力パイプ

HGUC ボール機動戦士ガンダム

↓「HGUC ボール ツインセット」完成しました。
ボール

頑張って二個作りました。

やはり、ジムと並べるといいですね。これがやりたかった。

HGUC ボール ジム

こういったサポートメカもHGでどんどん出してほしいですね。「HGUC コアブースター ツインセット」とか(旧キットのデキで十分ですけど)、良くないですか?

HG ザクキャノン機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

プレミアムバンダイから発売の 「THE ORIGIN MSD」 「HG ザクキャノン」です。
ハーフキャノン、テストタイプときて、ようやくの発売でした。

HG ザクキャノン01

仮組みしました。左肩のスパイクアーマーが梨地状になっていて当時を彷彿して、おもわずニヤリとします。
キットはグレーデン機のグリーンカラーですが、サンドカラーで仕上げます。
脚部から作っていきます。

HG ザクキャノン05

左側(右足)が改修後です。モールドは一部埋めてます。

HG ザクキャノン03

HG ザクキャノン02

足首内部の関節を削り取って市販パーツで新造してます。構造は同じです。甲のパーツは下部にプラ板を貼って延長してます。

HG ザクキャノン04

ロールできるようになります。
ソールパーツの前面には彫り込んでダクトを追加。

HG ザクキャノン06

スカートは足を開くとアーマーが開いて内部が見えるので、プラ板とパテで隙間を塞いでます(右足側)。

HGUC ボール機動戦士ガンダム

HGUC ボール01

「HGUC ボール ツインセット」 です。
サクっと仮組み。一個だけなら、数分で終わります。

主な加工個所ですが、

HGUC ボール02

ツメの内側はパーティングラインが入っていて、ヤスリ処理しているとモールドが消えてしまうしスジボリモールドも入れにくいので、いったん切り離して処理後に接着しました。
肉抜き穴は埋めてます。

HGUC ボール03

底部のバーニアはおそらく抜きの関係上、形がバラバラなので開口して市販のバーニアパーツに置き換えました。

HGUC ボール04

赤いバーニアパーツもサイドのスジボリが甘いので掘り直しました。プラ板の上にエッチングノコを置いて、パーツをクルクル回すと簡単です。
0.5ミリ、1.0ミリ、1.5ミリ、2.0ミリとプラ板の高さを変えて、等間隔でスジを入れます。
爪楊枝を切ったものを持ち手にしてます。あまり長いとグラつきます。

本体の合せ目

HGUC ボール08

HGUC ボール07

後ハメは赤パーツを輪切りにしました。

HGUC ボール06

コクピットは無人なので、WAVEのモビルスタッフを乗せてます。

HGUC ボール05