HGUC アッガイ機動戦士ガンダム

HGUC アッガイ10

脚部は旧キットのイメージが強いので、エッジを入れて直線的なラインに変更。
シアノン+SSP粉です。つま先の凹ディテールも角丸から長方形に変えてます。

HGUC アッガイ11

他、甘いディテールを彫りなおしたりしてます。裏側のカカト部分です。

HGUC アッガイ12

HGUC アッガイ13

ツメは先鋭化してます。閉じた状態もあるので結構な作業量です。一気にやろうとすると集中力が続かないので、他の作業も混ぜながら地道にやりました。

HGUC アッガイ14

ランドセル(ファーストMSのバックパックはこう呼びたいんです)のバーニアはメタルパーツを使用。

HGUC アッガイ15

口のダクトはいったんくり抜いてフチ薄化。スジボリ入りプラ板でモールドを再生してます。

HGUC アッガイ17

いったんパーツ洗浄してサフります。

HGUC アッガイ16

表面処理です。

HGUC アッガイ機動戦士ガンダム

HGUC アッガイです。

HGUC アッガイ01

HGUC アッガイ09

仮組みしました。設定より脚部が丸みを帯びて、丸っこいラインが強調されてなんとも愛らしいですね。
アッガイと言えば体育座りなんですが、MGは可能ですがHGUCはできないみたいです。
なので股関節を新造しました。

HGUC アッガイ05

胴体内部には大きなスペースがあるので、そこを利用して引き出し関節を仕込みました。

HGUC アッガイ03

HGUC アッガイ04

こんな感じで股関節が外側と上側に移動します。

HGUC アッガイ07

HGUC アッガイ08

後ろから見ると少し不自然ですが…
ここはフトモモ側にもう一つ関節を仕込もうかとも思いましたが、アッガイはフトモモが短かく、回転可動やヒザ関節の割合が多くて断念しました。

HG ザク・デザートタイプ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

デカールはあまり貼らないんですが、MSVは貼りたくなります。
というわけで、ないデザインは自作しました。

ザク デザートタイプ30

テプラデカールです。
作成方法は「テプラデカール」で検索するといろいろ出てくるので省きます。

ザク デザートタイプ31

デカールを貼って、トップコートをして…デザートタイプ完成しました。

デザートタイプとザクキャノン

やりたかったザクキャノンとのショット。うーんザクタンクも欲しいぞ。

↓ギャラリーはコチラの画像から
ザク・デザートタイプ

HG ザク・デザートタイプ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

ザク デザートタイプ26

表面処理が終わったので塗装です。
HGキットの組立説明書の指定ではなく、旧キットの指定色で塗装します。
本体のブラウンにはMr.カラーの「タン」、グリーン部には「オリーブドラブ(2)」を塗っていきます。
バックパックも「タン」色ですね。

ザク デザートタイプ27

ザク デザートタイプ25

メタリックはあまり好きではないので黒鉄色の部分は、ブラック+ホワイトです。
「タン」「オリーブドラブ(2)」はそれぞれ半光沢、つや消しなのでスミイレ時に滲んでしまう可能性があるので「クリアー」を吹いてツヤ有りにしてます。

ザク デザートタイプ28

修正、細部の塗装、スミイレをして

ザク デザートタイプ29

デカールを貼っていきます。黄色や赤のラインは付属のマーキングシールです。
完成間近!

HG ザク・デザートタイプ機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN, MSD, MSV

加工が終わったので、いったんサフを吹いて表面処理をしていきます。

ザク デザートタイプ22

画像ではわかりにくいですが、面が歪んでいたり小さな傷があったりします。

ザク デザートタイプ23

で、全体の表面処理が終わったと思われる状態。ここからもう一度サフを吹いてキズチェックします。
だいたいキズはあるので、また表面処理してサフ吹きです。納得するまでくり返しです。

ディテールは旧キットを参考にいれてます。バズーカはRGから。

ザク デザートタイプ24

表面処理が終わったパーツ。塗装に入ります。