MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

MG Vガンダム
v_gundam_box.jpg
ついに出ましたね。

と、いうわけで当ブログ初のMGです。
1/100といっても、F91以降の小型MSなので、サイズ的にはHGUCとそんなに変わらない?

箱を開けてみた所、さすがにMGだけあって、パーツ数が多いです。
ギミックも多そうなので、アッチをいじればコッチもって、改修が難しそうです。

MGを作るのはかなり久し振りなので、仮組みだけでも時間かかりそう。

MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

Vガンダムの製作を開始していきます。
さすがにMGだけあってパーツ数が多く、僕の場合仮組みといえど全身を一気に、とはいきません。

いつものように、脚部から仮組みしていきます。
Vガンダム01
内部フレームに外装パーツを付けていくMGならではのスタイル。
ほぼ、ABS製です。

ABS製のため、何度も取り外ししていると保持力低下してしまうので、なるべく一度はめたらはずさないつもりで組み立てていきます。
そのため、HGUCならゲート処理もしないで進めていくんですが、ゲート処理、パーティングライン、ひけ等の処理もしながらの組み立てになります。
特に、複雑なギミックが集中してますので、ゲート処理は重要ですね。
もちろん、改修のポイントも考えながらの作業です。

で、外装を取り付けます。
Vガンダム02
外装パーツは、まだそんなに気にしない。

それにしても、すごい!さすがMG最新作

MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

Vガンダムの上半身です。
Vガンダム03
変形のためギミック満載です。

ただ、腰のフロント&リアアーマーが上半身に接続されているので、腰の回転が出来ません。
ドッキングしたら下半身に可動軸が移動するとか、ウエストと分離した可動軸がないと回転はきびしそうです。

途中ですが、コアファイター。
Vガンダム04
ここも、驚きの変形ギミックです。

塗装したら、絶対変形出来ないなあ。

やっとここまで。
Vガンダム05
まだ仮組みです。

パーツ多い。

MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

さてさて、ようやくVガンダムの仮組みが終了しました。
Vガンダム06
キットのほうは、モデラー泣かせ?でしょうか。
ABSのフレームにギミック満載で、塗装や分解には細心の注意がいりそうです。

で、プロポーションは、完成写真を見た時から感じていたんですが、首が短い気がします。
あと、変形のためなんでしょうか、股関節の位置が下に設計されていて、腰高に感じます。

どうするか、改造プランを考え中です。

MG Vガンダム (セカンドV)機動戦士Vガンダム

仮組みが終了したので、本格的に改修していきます。
いつものように、脚部から製作していきます。

足首
Vガンダム07
赤いソールパーツの側面に、プラ板を貼り付け形状変更。
ヴィクトリーと形状が違いますね。

と、いうことで、セカンドVとして製作していきます。

スネ
Vガンダム08
セカンドVは、フクラハギ内側にも丸いハードポイントが存在します。
キットは内部フレームにはモールドがあります。
ここは、贅沢にもキットをもうひとつ使用して、穴開きを再現してます。

Vガンダム09
両くるぶしパーツも、同じパーツを二個、貼り合わせて厚みをだしてます。

モモ
Vガンダム10
両側面に0.5ミリプラ板を貼り、1ミリほどボリュームアップ。
このへんの幅増しは、MGだと内部フレームがあるため、中央で分割してスペーサーを挟む方法がとりづらいですね。

Vガンダム11
脚部全体はこんな感じに。

キット化の情報がでると、製作中止です。^^