HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

ヘキサタイプの頭部

Vガンダム19

主な改修点はノーマルタイプと同じ、フェイス部を少し前方へ移動して、モールドを掘り直したのみです。

オーバーハング・パック

Vガンダム20

特に改修はしていません。こちらもモールドを掘り直したのみです。

ビーム・スマートガン

Vガンダム16

軟質プラなので、少し反り返ってます。

Vガンダム17

ディテールアップも兼ねて、裏側にモールド入りプラ板を貼り付けて、直線を出したかったんですが。

Vガンダム18

少しは治りましたが、あまり変わりませんでした。

Vガンダム21

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

コンパチでセカンドVにもしていきます。

腰パーツ

Vガンダム23

サイドアーマーは、V2からそのまま移植。
接続も共通なのでラク。

Vガンダム24

股間部は、ディテールが少し違うので、スジボリ等を変更。
ダクトには中央にフィンを追加。

下腕部。

Vガンダム25

ここもV1と違うのでモールドを彫り込んだり、プラ板でディテールを変更。

ミノフスキードライブユニット。

Vガンダム26

HGUCのV2から移植。
形状等はまだ手つかず。

Vガンダム27

ウェポンプラットホームは、スクラッチしたアームでコアファイターの翼部分に接続します。
実際は変形するので、こんなとこに接続されてはいないはずですが、無視です。

Vガンダム28

出来るだけ、腕やミノフスキードライブの可動に干渉しないようにしてます。

Vガンダム22

ライフルもV2からそのままです。

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

Vガンダム30

セカンドVの両肩に装備される武器の一つ。メガビーム・キャノンです。
ディテールはまだ入ってませんが、大まかな形状はできました。

MGの時に使用した図面をそのまま1/144スケールに変更して作成。
砲身はV2アサルトバスターガンダムからで、基本はプラ板の箱組みです。

Vガンダム29

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

ミノフスキーシールドのおおまかな形状ができました。
基本的にMG版と同じ作りです。

Vガンダム32

基本はプラ板の箱組、積層からの削り出しです。

Vガンダム35

共通パーツは複製しましたが、久しぶりなのでかなり失敗しました。
薄いパーツは何度やってもうまくいかなかったので、地道にプラ板を加工しました。

Vガンダム34

接続は、すべて磁石です。

Vガンダム33

可動もなんとかできます。

Vガンダム37

ウェポンプラットホームには、腰サイドアーマーの接続パーツを使用してます。

Vガンダム36

Vガンダム31

セカンドVのシルエットができました。これからディテールを加えていきます。

 

HGUC Vガンダム / セカンドV機動戦士Vガンダム

セカンドVは背中に武装をかかえていて、後ろに重いので自立しにくいです。
なので、足首には重りをいれてさらに、カカトを1ミリ延長して接地面を大きくしてます。

Vガンダム41

Vガンダム40

ビームシールド

Vガンダム39

キットを複数使用したので、余ったビームシールドは加工して、一部を展開していない状態も作ってみました。
F91から結構劇中でも多用されていますね。

Vガンダム38

さて、全パーツのおおまかな加工が終了しました。パーツ洗浄してサフを吹きます。