HGUC F91機動戦士ガンダムF91

15mクラスの小型MSが、HGUCでも発売されてますね。
F91 01
というわけで、F91です。

とりあえず、仮組み
小サイズでもディテール、色分け等しっかりされて、良いキットです。
ただ、股間のロール可動ための分割で、モモが短く感じますね。
VやV2でも、そこが気になります。

バンダイさん、ガンダムだけじゃなく、相手側のMSもHGUC化願います。
せめてビギナ・ギナとかライバル機だけでも。

HGUC F91機動戦士ガンダムF91

お久しぶりです。
なかなか作業できませんが、少しずつ進めてます。

足首
抜きの関係で、甲のパーツとアンクルガードのくるぶしモールドが甘いです。
F91 02
↓改修後
F91 03
彫り込んで、ディテールアップ。甲の部分はこの後、くり抜いてます。
足首関節のシリンダーは削り取って、金属パーツに変更します。

脚部全体
F91 04 F91 05
フトモモは股関節のロール部を接着してます。
フクラハギ後部の展開フィン部は、収納時に一体感がないので、できるだけ面一になるように、削ってます。


F91 06
腹部との接合面で1ミリ延長してます。
市販パーツを挟んだだけです。

フロントアーマー
F91 07
各ダクトのフチ薄化です。
F91 08
裏側はパテで埋めてます。

現在こんな感じ。
F91 09

HGUC F91機動戦士ガンダムF91

さて、胸部です。
F91 10
一番の改修ポイントは、胸のダクト部。
↓改修前
F91 10b
中心を走るラインが太いので、プラ板で新造してシャープ化しました。
他のダクト類も、彫り込んだりフチ薄処理をしてディテールアップ。

面倒ですけど、効果はかなりあると思います。

HGUC F91機動戦士ガンダムF91

さて、またまた遅くなりました。すいません。
腕部です。
F91 13
拳は、キットを芯にパテで自作。手首カバーは定番の市販パーツでシャープ化。

肩部
F91 14
接着面で0.5ミリ幅つめして小型化。
ポリキャップやf放熱フィンが入らなくなるので、両側を削って収納できるようにしてます。
外側のダクトは、市販パーツを使用してディテールアップ。立体感が出ます。

ビームシールド
F91 11F91 12
発生部が凸モールドなので、彫り込んで凹モールドにしました。

HGUC F91機動戦士ガンダムF91

展開時のビームシールド
F91 15
シリンダー部分をプラ板とメタルパーツでディテールアップしました。
多少オーバースケール気味ですが。