HGUC ハイゴッグ機動戦士ガンダム0080

仮組みしてみた、HGUC ハイゴッグです。
ハイゴッグ01
ABS製のパーツは付けてません。

プロポーションは問題なし、良いデキです。
ただ、各部モールドがダルいので、彫りなおし、シャープ化、別パーツ化、が必要。
まぁ、基本工作ですね。

キャノンは洗浄して、乾燥中。

今年は、水陸両用MS出ませんね。

HGUC ハイゴッグ機動戦士ガンダム0080

足の裏側です。
ハイゴッグ02
キットのモールドは、肉抜き穴で再現されてます。
が、これではあんまりなので、プラ板でふさぎます。

同じパーツを何個も作るのは、精神的にキツイですね。
チョット手抜きです。

HGUC ハイゴッグ機動戦士ガンダム0080

まだ途中ですが、各部整形したハイゴッグです。
ハイゴッグ03
ダクトの薄々化、頭部&肩先の先鋭化、各部スリットは半丸プラ棒で作り直し。
股間のダクトは、市販パーツを埋め込んでます。

肩の裏、スッカラカンですね…

ガンキャノン量産型15
キャノンは、塗装中。
マスキング嫌だなぁ。

HGUC ハイゴッグ機動戦士ガンダム0080

胴部の後ハメ化。
ハイゴッグ04
接着面の前後の違う位置で切断して、位置決めをしやすくしてます。

頭頂部。
ハイゴッグ05
分割方法を変更。
スジボリ部分で、切りはなします。

モノアイはボールジョイントで可動化します。
ボールジョイントの受け部はポリ製ですが、ボール部はプラ製を使い、軸に直接丸ノズルを接着。
塗装後、定番のH・アイズを埋め込みます。

HGUC ハイゴッグ機動戦士ガンダム0080

ハイゴッグもチマチマ進めています。
肩の裏は何もないので、ディティールを加えます。
ハイゴッグ06
裏側のダボを削り取った後、フチにスジボリを加えて、中央にプラ板を貼ってモールド。
劇中では、パイプらしき物があるので、アルミ線を曲げて作ります。
んー、ハンド・ミサイル・ユニットに干渉するかな。

チョットあっさりぎみなので、もう少しいじります。