HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

旧ザクの頭部です。
旧ザク15
形状自体はストレートです。
ただ、モノアイの支柱の位置を変えるかもしれません。

内部はこんな感じ。
旧ザク16
頭部の下部を切り欠いて後ハメ化。
モノアイレールは、2ミリ径ポリキャップに、プラパイプをかぶせて、そこに定番の丸ノズルを接着してます。
もちろん、Hアイズを使用します。

左ヒザが付いてませんが、全身比較。
旧ザク17 旧ザク01

モモは延長してませんが、股関節位置を下にしているので、実際は長くなってます。

さて、某艦長は、「モビルスーツは格闘能力だ!」と言っているので…
旧ザク18
格闘家っぽいポーズ。

この後は、やっぱりショルダータックルなんでしょうか。

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

マニピュレータです。
旧ザク19
キットパーツを芯に、ひたすらパテ盛り⇔削り出しの繰り返しです。
パテの乾燥待ちのために、時間がかかります。
ジムの手もいっしょに作業してるので、まだまだ途中です。

乾燥待ちの時間中に、シールドを加工します。
旧ザク20
ニコイチして大型化。
ザクのシールドってこのぐらいでかいイメージがあります。
約10ミリ左右に延長してます。
スパイクはまだ付いてません。
旧ザク21
裏側もキットモールドを参考にプラ板でディティール。
シュツルムファウストは贅沢に2本装備です。

ザクは武器が豊富なんで、本体のカタチが出来た後だとペースが落ちます。
武器から先に作れば良かったなあ。

旧ザクは、素手のイメージが強いですが…^^

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

ツノ付きの隊長機も、頭部の差し替えで作成。
旧ザク22
現在、ひたすら各武器の持ち手を作ってます。

楽なのはHDMなんですが、入手しにくいのと高価格がネック。
やはり、握り拳のようにキットを使用してスクラッチするのがいいんでしょうが、使用する手首がもうない。
新しくキットを購入するか、部品注文か、パテの削り出しでイチから作るか…

マニピュレータセットっての出しません?バンダイさん。

そろそろ、ガンダムいきまーす。
ガンダム01

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

一次サフを吹きます。
旧ザク23
まだ一部、手を作成中ですが、プロポーションと干渉箇所のチェックをします。
キズは…たっぷり有ります。
表面処理をしつつ、調整していきます。

サフグレーって落ち着きます。

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

頭部の形状を変更。
旧ザク24
モノアイの支柱を、プラ板で前方へ移動。

旧ザク25
とりあえず表面処理も終了。
パーツ洗浄して、本サフにいきます。

ここからが勝負!