HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

さて、Mk-Ⅱはようやくパーツ洗浄にいけそうです。

次もZ系を作りたいところなんですが、積みプラを消費しましょう。

旧ザクです。
旧ザク01
いつも改造のベースになってるので、しっかりと作ってあげましょう。^^

もっとデキがいいと思ってたんですが、意外と接地性が悪く、足もハの字に開きにくく、ズッシリとした立ちポーズが決まらないですね。
劇場版に出てこないので(一瞬出ますね)自分の中のイメージがイマイチはっきりしていないので、どんな感じでいくか。

うーん
シャアザクのような改修になると思います。

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

今年はガンダム30周年。
ファースト系は、僕ら世代には特別な思い入れがあります。

ということで、仮組み中だった旧ザクの製作にいきます。

いつものように脚部からの製作です。
ほぼ、前に製作したシャアザクと同じ改修です。
旧ザク02
股関節はロール式に変更。使用しているのはWAVEのプラサポ。
強度を上げるために、周辺をABSのランナータグで補強してあります。

フトモモは接着面で1ミリ、くさび状に幅増ししてボリュームアップ。
ヒザの÷モールドは埋めてます。

ヒザ関節は、後ハメ化。
ヒザパーツを付けて可動に追従させます。

足首甲パーツは、切り離して幅つめ。
これもフレームパーツに接着して可動に追従。

脚部全体はこんな感じ
旧ザク03

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

腰部です。
旧ザク04
僕的に定番工作になってしまいました。
サイドスカートのスライド化。

WAVEのプラサポを使用してます。
旧ザク05
ちなみに、股間はプラ板でボリュームアップ。股間軸は前方&下方へ移動。

サイドスカートが付くとこんな感じです。
旧ザク06 旧ザク08 旧ザク07
通常は回転軸での開可動ですが、脚を大きく動かす時は、2重関節で後部に移動して隙間を作ります。
MGのパクリです。

旧ザク09
かかと落としもできます。

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

旧ザクの上半身です。
旧ザク10 旧ザク11
首は市販パーツを使用して、角から丸へ変更。
ランドセルは、設置面で1ミリ幅詰めして薄く。

ウエストは、プラ板でボリュームアップしてメタボ化。
旧ザク12
左右と前にプラ板を貼って削り込んでます。
エッジのきいたキットデザインを、丸みを帯びた柔らかいラインに変更してます。

胴体部はこんな感じに。
旧ザク13
フロントスカート上部もプラ板で形状変更。

コクピット部のスジボリは、埋めてます。

HGUC ザクⅠ機動戦士ガンダム

2本目、放置ぎみの旧ザクです

腕部です。
旧ザク14
肩を少しボリュームアップしたぐらいです。
後は、定番の後ハメ化、手首カバー製作といったところ。

上腕のロール可動はABSランナータグの積層に、ABSランナーです。

ABSってそんなにへたります?割れます?
僕は今まで割れたり、へたったりないです。
まあ、テンションの調整や、塗装には気を使いますが。

まだ、こんだけなんです。