HGUC ゴッグ機動戦士ガンダム

グフはとりあえず全パーツの成型が終了。
パーツ洗浄して、乾燥中です。

待ち時間に積みプラからゴッグを仮組みしてみる。
ゴッグ01
パーツが少なくてサクっと作れます。
MGのプロポーションより頭部が大きい?気がします。

このゴッグは、合間合間にチマチマイジっていきたいと思います。

HGUC ゴッグ機動戦士ガンダム

ゴッグです。
νガンダムの合間にいじってました。
ゴッグ06
まだまだ大雑把ですが、主な改修箇所は上半身。
頭部は、頭頂部を裏打ちして削りこみ低く。
胸部は接着面で2ミリ幅増し、さらに前面をパテでボリュームアップ。
肩も胴体にあわせてクサビ状に幅増し。

ゴッグ02
脚底は肉抜き穴を埋めてます。

さて、胴体部には大きなスペースがあります。
そこで…
ゴッグ03 ゴッグ04
引き出し式の関節を作ってみました。
使用しているのは、グフで使用して余っていた旧ザクの肩関節。
ゴッグ05
こんな感じです。

旧ザクはウチでは、ザクⅡやグフに使われて大活躍ですねえ。
いつかしっかり作ってやるからなぁ。

HGUC ゴッグ機動戦士ガンダム

折れた。
ゴッグ07
ゴッグの股関節です。
いや、細いから折れそうだなと思ってたんですが、やっぱり折れた。

という事で、股関節を新造することに…
ゴッグ08
ボールジョイント式からロール式に変更しました。
ゴッグ09
モモ側もくりぬいて、ジャンクパーツからそれらしいパーツを組み込んでます。

ここは改修しようか迷ってたんですが、結果することになってしまいました。
まあ、完成後に折れたらダメージもデカいし、可動範囲も広がったし、良しとしよう。

HGUC ゴッグ機動戦士ガンダム

νガンダムは、ようやくファンネルの処理が終了。
パーツ洗浄して乾燥中なので、ゴッグをいじります。

頭部の可動はどうしようか迷いましたが、横を向いているのもイメージにあわないので、思い切って固定しました。
ゴッグ12
ということで、モノアイギミックを胴体側に作成。
ゴッグ10
この後、モノアイカバーを透明プラ板のヒートプレスで作ります。

で…
ツメ研ぎをしていきます。
ゴッグ11
再び同パーツ地獄。
内側はヤスリにくく、かなりやりにくい。
ABS製でツメ先が欠けにくいのはいいですけどね。

HGUC ゴッグ機動戦士ガンダム

ゴッグにも一次サフを吹く。
ゴッグ13
ちなみに、腕の蛇腹状のパーツは、完成まで付けません。
ABSパーツは、付けたりはずしたりすると、保持力が低下すると模型誌で読みました。

ということで、イメージが掴みにくいですが、腕はつけずに完成まで持っていきます。
ハイゴッグもそうしました。

イメージは商品見本や脳内で想像しながら作業します。
実際の完成とのイメージ差が怖いですが…

νガンダムよりパーツ数が少なく、面構成も単純なのでゴッグのほうが早く完成しそうです。