HGUC ケンプファー機動戦士ガンダム0080

きました、HGUC ケンプファー。
早速、仮組み。
ケンプファー01
いやー、かなりいいデキなんじゃないでしょうか。
接地性も良いし、なにげにヒザアーマーは、連動可動します。

アレックスの発売から、ずいぶん間が開いたので、待ってた方も多いと思います。
ていうか、月末の発売だと思って、ハイゴッグを製作してたんですけど…

それはそうと、左肩のスパイクの取り付け、取説見ても上下わからないんですけど。

HGUC ケンプファー機動戦士ガンダム0080

脚部です。
ケンプファー02
ヒザアーマーが細い気がするので、側面に0.5ミリプラ板を貼り、ボリュームアップ。
くさび状に削りこみ、正面のみ幅増して全体の幅はそのままです。

他は、モールドやスジボリの掘り込み等。
入り組んでるんでペーパーが、かけづらいです。

HGUC ケンプファー機動戦士ガンダム0080

さて、胴体部です。
ケンプファー03
股間のダクトは、WAVEのフラットバーニアを埋め込みます。
胸部はバンダイエッジ処理で丸くなってしまったので、プラ板で尖らせます。
バーニアは、フチうす化。
首周りは、パイプを別パーツにするため、くりぬきます。

背面。
ケンプファー04
穴を開けて、フチうす化。

HGUC ケンプファー機動戦士ガンダム0080

最近なかなか時間が取れず、作業が進みません。
コツコツと1日1パーツづつって感じです。

さて、ケンプ腕部です。
ケンプファー05
下腕の穴は開口。
手首カバーも市販パーツに置き換えます。

肩なんですが…
ケンプファー06
内部隠しをごっそり削り取ります。
その後とりあえず、フチうす化。
バーニアは、後ハメ化します。

内部のディティールどうしよう

HGUC ケンプファー機動戦士ガンダム0080

ケンプファー頭部の内部。モノアイを可動化します。
ケンプファー07
キットのモノアイ部分をごっそり削り取り、ABSランナーで回転軸を作り、コトブキヤのモビルパイプと丸ノズルでモノアイを作成。
モノアイは定番のH・アイズを使います。

で、全身像。
ケンプファー08 ケンプファー01
ヒザしかイジってませんので、比較してもしょうがないんですが…

あーまだ、武器がたっぷりとある。