HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

HGUC クロスボーン・ガンダムX1

クロスボーンガンダム01

仮組みしてみました。
プロポーションは特に問題なさそうですが、例によってフトモモのロール関節部が気になります。
後は、各部シャープ化と握り拳。主な改修部分はそこぐらいでしょうか。

X1改、X1改・改(スカルハート)、フルクロスとキットがあるので作りたいですね。

HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

脚部の制作

下半身から制作していきます。

足首

クロスボーンガンダム02

クロスボーンガンダム03

ポリパーツ横のクルブシの二段状の凸モールドは、MG等の設定画を見ると、どうやらダクトのようなので削り取って掘りこみました。

足裏

クロスボーンガンダム06

肉抜き穴は、以前Twitterで見た方法で埋めてます。

フクラハギ

クロスボーンガンダム05

黄色いダクトは、フクラハギ前後を接着して合せ目を消したので、分割して後ハメしました。
黄色いパーツを左右切り離して離型処理をして、エポパテに押し付けて硬化後に外します。

フトモモ

クロスボーンガンダム04

ロール関節は外装パーツを接着して一体化。内部のみで回転させます。クリアランスがキツキツですが、なんとか可動します。

クロスボーンガンダム07

他、モールドを掘り直したり、各部先鋭化したりです。

HGUC クロスボーンガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム

腕部

クロスボーンガンダム11

関節部とビームシールド裏の肉抜き穴を埋めただけです。
拳は、ビルドハンズを使ってます。

頭部、胸部

クロスボーンガンダム12

各部のシャープ化ぐらいです。頭部はツインアイが見えにくいので変更するかもしれません。
アンテナの先鋭化は折れやすいので、まだしてません。

小型偵察メカ「ビリー」

クロスボーンガンダム13

METAL BUILDクロスボーン・ガンダムにて、描き起こされた鳥型偵察兵器。
web上の画像を参考にスクラッチしてみました。

クロスボーンガンダム14

翼と足の付け根は、可動します。ディテールはまだこれからですが。

クロスボーンガンダム15

基本的にプラ材を組み合わせてます。
胴体部は市販のプロペラントタンク、頭部はプラストラクトの半球ドーム。
可動軸には軟質プラのランナーを使用してます。

クロスボーンガンダム16