HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

スーパーガンダム時に倒れやすいので、つま先におもりを入れました。
ガンダムMk-Ⅱ48
ホームセンターで買ってきた釣り具のおもり…でしょうか?、詳しくないのでわかりません。
瞬間接着剤で固めてます。

これで、安定するかな?

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

G-ディフェンサーの中央ユニットパーツ
ガンダムMk-Ⅱ49
左右のユニットをつなぐジョイントパーツをいったん切り離し、ナナメにセットして接着。

これで、スーパーガンダム時に腕から、ほんの少し離れます。
ガンダムMk-Ⅱ50
G-ディフェンサー形態のプロポーションがくずれますが、スーパーガンダムのプロポーション優先ということで。^^

つま先に入れたおもりで、かなり安定しました。
νガンダムにも入れよう。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

さて、Mk-Ⅱは何かと左腕がなくなることが多いようなので…
ガンダムMk-Ⅱ51
ジャンクパーツからそれらしくジョイントパーツを作ってみました。
センスないですけど^^

これで、
ガンダムMk-Ⅱ52
親に銃を向けるカミーユや
ガンダムMk-Ⅱ53
エマさんの最後の出撃が再現できます。

ようやく、全パーツの整面が終わりました。
ガンダムMk-Ⅱ54
本サフに入ります。
と、その前にパーツ洗浄。

キズ有りませんように。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

本サフを吹きます。
僕は、クレオスのサーフェイサー1200をエアブラシで吹きつけてます。
サーフェイサー1200

3~4倍に希釈するわけですが、いつでも吹きつけ出来るように、別容器に移し替えてます。
サーフェイサー容器
直接エアブラシのカップにGOです。

空きビンは、
空きビン
混色の保存用に使用してます。

というわけで、本サフを吹きました。
ガンダムMk-Ⅱ55 ガンダムMk-Ⅱ56
やはりキズ有りますね。
瞬着やパテで埋めて、もう一度サフです。

こんなパーツばっかりです。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

1機だけ…
ガンダムMk-Ⅱ57

ていうか、まだGディフェンサーの挟み込みのパーツが残ってるんですけど^^;
塗装して、マスキングして、接着して、合わせ目処理して、表面処理して、サフ吹いて………
あー、先は長い。

もうティターンズカラーだけ先に塗ってしまおうか。
いや、それは効率悪い、やめよう。