HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

フトモモが細く感じたので、両側面に0.5ミリプラ板を貼って幅増ししました。
ガンダムMk-Ⅱ18

全身はこんな感じに。
ガンダムMk-Ⅱ19

ぜんぜん進んでませんね。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

えー、たしかガンダムMk-Ⅱは限定版以外エゥーゴカラーの単品販売はありません。
ということで、フライングアーマー付きです。
ガンダムMk-Ⅱ20
仮組みしてみました。

特に問題なさそうなので、ストレート組みでいきます。
といっても、面はでかいし、けっこう面倒そう。

てか、デカイ。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

武器類の製作です。
ガンダムMk-Ⅱ21
ガンダムMk-Ⅱ22
各センサー・ダクトは削り取って、シャープな市販パーツを使用。
ビームライフルの後部円筒状のパーツは、処理しにくいのでプラ棒で新造。

装備状態
ガンダムMk-Ⅱ23
手はHDMのMk-Ⅱ用を、指先の角度を変更して使用してます。
バルカンポッドはまだ途中です。

で…
ガンダムMk-Ⅱ24
ポージングして遊ぶ。
いえ、干渉箇所のチェックです。

バズーカを腰のラックに付けると、ポージングにかなり影響でますね。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

Gディフェンサーです。
ガンダムMk-Ⅱ25
ストレート組みです。
ただ、挟み込みのパーツが多く後ハメも難しいので、一部塗装してマスキングしての整形になります。
翼のシャープ化と、スジボリの彫り直しは必須でしょうか。

えー、前回はフライングアーマーで、今回はGディフェンサーということは…

そうです。
ガンダムMk-Ⅱ26
Mk-Ⅱは2体あります。
2機ともに、ほぼ同じ改修をしています。

ということで、1機はティターンズカラーでいきます。

更新が遅れ気味なのは、2体製作していたからなのです。
いやー、前回のファンネルといい、同じものは精神的にキツイものがあります。

まだまだ、整形中です。

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

HDMに無い握り拳は、自作します。

OPで印象的な左手のビームサーベル握り手。
ガンダムMk-Ⅱ27

これは、ロングライフル用の握り手。
ガンダムMk-Ⅱ28
白いのはプラ板、薄緑がポリパテ、グレーはキャスト棒。
ディティールはまだ途中なので、あまいです。
ロングライフル用は、脇に構えさせるために、斜めに持たせるようにしてます。

で、そのロングライフル。
ガンダムMk-Ⅱ29
とりあえず、後ハメ化。
ピンを切っただけです。簡単^^

後は、取り回ししやすいように、後部を5ミリほど短くしてます。

うーん
ガンダムMk-Ⅱ30
Gディフェンサーに干渉しそうだ。