HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

武器類
ガンダムGP03S 21
モールドの作り直しがメインです。

で…
GP03本体の製作を開始してしまいました。
ガンダムGP03 22
正直、出来る限り手を抜きたいのですが、完成後どこが見えて、どこが見えなくなるパーツかわかりません。
というか、いまどこを作っているかわかりません。

でかいです。

HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

ガンダムGP03 23
どうやらここは、クローの可動部分みたいです。
完成後は、隠れそうなんですが、見えそうでもあります。

ガンダムGP03S 24
ここは中央部でしょう。ステイメンが収納されるとこですね。鉄板入り。

ヒケは少ないと聞いていたんですが、あります。
パーツのでかさの割には少ない。ということでしょうね。

モデラーのサガなんでしょうか。
ヒケがあったら消してしまう。簡単に済まそうと思ってたんですが…
でかいので、非常に時間かかります。

HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

オーキスがしんどいので…
ガンダムGP03S 25
ひたすら、ステイメンの表面処理をしています。

各部の微調整だったり、エッジ立てだったり…
全然進んでなくて申し訳ないです。

HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

ようやく形になってきました。
ガンダムGP03 26
ひたすらペーパーがけです。

やはり、どのパーツにもヒケがあるので、ヒケがなくなるまでペーパーがけ。
ひとつひとつのパーツがでかいので、とても時間がかかります。
しかも重いので、ひとつのパーツを処理するだけで、手が疲れます。

がんばろう。

HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

前回からの変更箇所も含めて、ステイメンの改修箇所を、まとめてみました。
今回は下半身です。

足首
ガンダムGP03S 27 ガンダムGP03S 28
足裏のバーニアは、メタルパーツに変更。
足首のシリンダーも金属製に変えてディテールアップします。

スネ
ガンダムGP03S 29
ヒザの丸モールドは、市販パーツで一回り大きく変更。
スネの合わせ目の消しにくい、くぼんだ部分は切り取ってプラ板で整形。

ヒザ関節
ガンダムGP03S 30
ヒザ関節のマイナスモールドは、いったん削り取り、プラ板でフチ薄化。
フクラハギへは接続ピンを切って、後ハメ化して接続します。
ヒザ関節カバーパーツ上面にプラ板を貼り1ミリ延長。


ガンダムGP03S 31
フロントアーマーは1ミリ延長。
サイドアーマーは裏が見えそうなので、パテで埋めてます。そのサイドアーマーの接続されるポリパーツもチラっと見えるので、マイナスモールドを掘り込んでます。ポリパーツへ直接掘り込んでます。

上半身への接続はボールジョイントに変更。
股間部中央上部(完成後に赤く塗装される部分)は、マスキングが大変そうなので、プラ板で別パーツ化してます。

下半身
ガンダムGP03S 32
ヒザ関節の延長によって、全体に1ミリ延長されてます。

ひとまずここまで、次回は上半身のまとめです。