HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

バックパックです。
ガンダムGP01 15
上部のフィン状のダクトは、プラ板で新造してシャープ化。
甘いモールドもプラ板でシャープ化してます。

バーニア部
ガンダムGP01 16
肩関節部で、コアファイターのことを無視していますが、ここでは一応、内蔵されているように二重構造にしてます。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

ビームライフル
ガンダムGP01 17
ジュッテ部分は市販パーツに置き換えてます。
センサー部分のモールドは、パーティングラインが処理しにくいので、いったん削り取って整面後、伸ばしランナーで作成。
ガンダムGP01 18
後部の円筒部分も処理しにくいので、切り離して別パーツ化してます。

マシンガン
ガンダムGP01 19
マシンガンも同様に、整面後に伸ばしランナーです。

ビームサーベル
ガンダムGP01 20
クリアパーツに変更。

シールド
ガンダムGP01 21
パイプ部分を切り取ってます。
金属線に変更します。金属パーツは塗装後の接着になります。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

頭部です。
ガンダムGP01 22
各部あまいモールドの彫りなおし、シャープ化がメインです。
バルカン部は、開口して別パーツ化。塗装後にツブシ玉を使用します。
アンテナには、真鍮線を埋め込んでます。

フェイス部
ガンダムGP01 23
ツインアイが見にくいので、プラ板をはさんで0.5ミリ前方へ出します。
あと、ここは特にモールドがあまいので、しっかり掘り込んでます。
ツインアイには、蛍光テープを使用します。

ひとまず、全身像。
ガンダムGP01 24

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

ひたすら、表面処理をしていました。
ガンダムGP01 25
ここから、再びパーツ洗浄して、サフ吹きです。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

また更新が滞っていましたが、表面処理が終わって塗装に入ってます。
ガンダムGP01 26
パーツ数は多いですが、意外とマスキングが必要なパーツが多くて、作業がなかなか進みません。
シールドなんかは、曲面も多くやっかいです。特に裏側。

塗装は、あせると失敗するので、じっくり進めていきます。