HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

パワードジムと同作品の「0083」より、HGUC「ガンダムGP01」を仮組み。
ガンダムGP01 01
HGUC初期のキットで、可動範囲はさすがに現在のそれと比較すると劣りますが、プロポーションは文句なしにカッコイイですね。

過去に、
フルバーニアン
を製作してますが、基本的には同じような改修になると思います。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

さて、間が開いてしまいましたが、本格的にガンダムGP01の製作を開始します。
いつものように、脚部から製作していきます。

足首
ガンダムGP01 02
ここはボールジョイントを仕込んで、可動を一軸追加しました。
あまり可動しませんが、ノーマルよりは接地性が向上します。
ガンダムGP01 03
シリンダー部分は、金属性に置き換えてディテールアップ。

スネ部
ガンダムGP01 06
ヒザ関節のマイナスモールドは、いったん削り取って、フチ薄化します。
ガンダムGP01 05
フクラハギ裏のバーニア部も開口してフチ薄化。塗装後に金属パーツを接着します。
台形のモールド(ハードポイント?)は、非常に合わせ目が消し辛いので、開口後プラ板で塞ぎます。

ヒザ関節
ガンダムGP01 04
受け部を削り取って、後ハメ化してます。

脚部全体
ガンダムGP01 07
股関節部分は、干渉部分を削って可動範囲を広げてますが、効果はイマイチです。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

腰部です。
ガンダムGP01 08
腰の可動はボールジョイントに変更。
股間の赤いパーツのモールドは、削り取って整面後、プラ板で精度UP。

股関節
ガンダムGP01 09
足をハの字にするため、接続軸を延長。基部は幅つめしてます。
フロントアーマーが短く、軸が見えてしまうので基部側にバーニアパーツを埋め込み、モモに干渉しないように付けてます。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

さて、上半身です。
ガンダムGP01 10
改修箇所としては、

両肩のセンサー部?をプラ板で新造してシャープ化。整面も楽になります。
首周りにシリンダー受けを、プラ板で作成。
胸の連邦のVマークを、プラ板で新造。ここも整面と、塗り分けが楽になります。

後は、各部フチ薄化したりして、シャープ化してます。

いちばんの改修はココ、肩関節。
ガンダムGP01 11
最近のHGに付属のポリキャップを使用して、引き出し式にしてます。

実際には、ここはコアファイターが内臓されているので、こんな風に内部に関節ギミックがあるのは不自然ですけど…^^
本来なら、肩側にこういった関節ギミックを作れば説得力があるんですが、僕にはムリです。

でも、これでライフルやサーベルの両手持ちが自然になります。

HGUC ガンダムGP01機動戦士ガンダム0083

腕部です。
ガンダムGP01 12
特に大きな改修はしていません。

肩部
ガンダムGP01 13
バーニアの別パーツ化とフチ薄化、バンダイエッジの処理。
肩の裏側が意外と目立つので、プラ板でフタをしています。

下腕
ガンダムGP01 14
ヒジ関節のマイナスモールドのフチ薄化。
手首カバーを市販のダクトパーツで別パーツ化。定番ですね。

ハンドパーツは、コトブキヤのノーマルハンドを加工して使用してます。