HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

パイプ処理中です。
ザク?改20
こればっかりで飽きてきたので…

νガンダム01
HGUC νガンダムを仮組み。
噂どうり、かなり良いデキです。
ひとつ気になったのが、腰のリアアーマーがS字立ちの際に干渉するため、かっこ良い素立ちが出来ないことでしょうか。(写真はリアアーマーをはずしてます)

あと好みの問題でしょうが、プロポーションもチョットいじるつもりです。

実はグフはちょっとした壁にぶち当たりました。
んー良い案がないか思案中。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

さて、しばらく更新が開きましたが、
なかなか作るキッカケがなかったνガンダムの製作を始めます。

脚部
νガンダム02
モモが短く見えるので、上部前方にプラ板を貼って長く見せてます。
脚部全体はスラっと長いのでモモだけ延長してしうと、バランスがおかしくなりそうだったので。

フレームに接着してしまったのでマスキングが必要ですが…

つま先は、プラ板で先鋭化。

νガンダム03
各ダクトは掘り込んで別パーツ化します。

ゴッグもチマチマいじってます。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダムの腰部です。
νガンダム04
各部のダクトを掘り込み、バンダイエッジの処理、先鋭化と、とりあえず基本工作がメイン。

リアアーマー
νガンダム05
S字立ちの際に干渉するので、分割してポリキャップを仕込んで可動化。

とかやってるうちに年が明けてしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダムの上半身いきます。
νガンダム06 νガンダム07
基本工作です。

で終わらせるのもアレなので、基本的なことを自分に言い聞かせながら詳しく。

とりあえず各面は、エッジを意識しながら当て木をしたペーパーでしっかりと平面を出します。
僕は、#180→#400と当てます。#180のヤスリ跡はなかなか消えませんが、この後のサフからの処理で消します。
削りすぎてしまいそうな場所には#180はさすがに使いませんが。

別パーツに見せたい所や、逆エッジの部分はケガキ針やデザインナイフで掘り込んでディティールをはっきりとさせます。スミ入れもしっかり流れます。
この胴部の場合は、左胸のセンサー、中央コクピットブロック、ウエストでしょうか。

後は、ダクトをフチ薄化します。デザインナイフ、#180ペーパー等でフチを薄く見せます。
MSの装甲が薄いってどうなの?って気もしますが、オモチャっぽさがなくなり、精度がグッとあがります。なによりカッコイイ気がする。

他は、肉抜き穴を埋めたり、スジボリがあれば彫りなおしたりと、まあこんなところでしょか。

あっ、首周りは市販パーツを加工して、可動に影響のないように貼り付けてます。

HGUC νガンダム機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

νガンダム腕部です。

肩部
νガンダム08
1.5ミリほど幅つめして、小型化。
上面の合わせ目モールドは埋めます。
サイドのダクトはフチ薄化、掘り込みで別パーツ感を強調。

腕部
νガンダム09
肩部と同様、下腕の合わせ目モールドを埋めます。
手首カバーはくりぬいて、丸ノズルを使用。
サイドの丸モールドは開口してます。

肩は大きい気がするンです。