1/144 ガンダム機動戦士ガンダム

2020年までに1/144サイズでかなりのバージョンのガンダムが発売されました。

ガンダムKIT

これらのキットから、好みの形状をチョイスして自分なりのガンダムを作っていきます。

絶版 HG ガンダム

腕の形状とか好きな絶版になった「HG ガンダム」。当然ながら入手困難、プレミア価格なので使いたくても使えません。

MAX渡辺のプラモ大好き

ちなみに当時のホビージャパンで連載されていた、「MAX渡辺のプラモ大好き!」のコーナーで詳しく製作過程が掲載されて、こんなの作りたい!と激しく憧れ、何回も失敗を繰り返しHGを何個も購入して作りました。
現在でもモチベーションが落ちたときに「プラモ大好き!」を読み返してます。僕のバイブルといってもいいくらいです。

可動戦士ガンダム

これは、超合金アイテムの「可動戦士ガンダム」。アニメ劇中をイメージした、俗にいう「安彦ガンダム」。
大きすぎない肩、垂れ下がった胸部ダクト、長いフトモモ、小さめの足首、この辺をイメージして作ります。

ROBOT魂

こっちは「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」このスタイルでキット化してくれるといいんですが。

ということで、各キットから好きな形状を選んでミキシングしてみました。

ガンダム01

まだ取り付けただけなので関節位置がおかしいですが、これを素体にいろいろやっていきます。

1/144 ガンダム機動戦士ガンダム

ガンダム02

脚部は「BEYOND GLOBAL」を使います。

ガンダム09

各部の形状や関節位置を微調整してます。

ガンダム06

足首

ガンダム07

ソールは赤と白の分割ラインを変更。
アンクルガードは前方へ出すぎな気がするので、位置を後方へ移動します。
キットの足首関節は使えなくなるので、市販のジョイントパーツを加工して使ってます。アンクルガードの接続はROBOT魂を参考に内側のみにボールジョイントで接続します。

ガンダム08

フクラハギは裏打ちして削り込みボリュームダウン。ヒザも削り込んでボリュームダウン。ヒザ関節のマルイチモールドはマルモールドへ変更。
フトモモも肉厚分削り込んでボリュームダウンしてます。

ガンダム04

腰は「エントリーグレード」を使用。股関節は「BEYOND GLOBAL」です。可動部に影響が出ないように、お互い切り込んでます。

ガンダム03

回転する股関節のおかげでかなりの可動ができます。

ガンダム05

腕を旧キットから移植。全体のバランスはこんな感じでいきます。

ガンダム05text

1/144 ガンダム機動戦士ガンダム

胸部

ガンダム11

胸部はHGUC(リバイブ版)です。コクピット上部やダクト部、ウエストを削り込んで形状変更してます。

ガンダム12

肩関節はオリジン版を使用。HGUCキットは跳ね上げのみですが、引き出しや跳ね上げができます。

ガンダム13

ガンダム14

ランドセルもHGUC(リバイブ版)を使用。設置面を幅詰めして薄くしてます。バーニア部はプラ板でふさいでます。
サーベルラックは「BEYOND GLOBAL」のものを角度を変えて使ってます。

ガンダム16

ウェスト内部には「BEYOND GLOBAL」のウェストを入れて屈伸時の隙間隠しに使用してます。

腕部

ガンダム15

肩と前腕を旧キット、上腕を「BEYOND GLOBAL」、関節はHGUC(リバイブ)を使用。

ガンダム10

ライフルとシールドはHGUC(リバイブ版)。

1/144 ガンダム機動戦士ガンダム, プラモ狂四郎, MSV

旧キットのパーフェクトガンダムからアーマーを移植。

パーフェクトガンダム17

仮止めしてあるだけなので一部のパーツが付いてないですが、バランスは良さそうです。胸部は大きすぎるのでプラ板でスクラッチしてます。

そしてもう一つ、フルアーマーガンダム。

フルアーマーガンダム18

こちらはパーフェクトガンダムとちがって結構タイトなので、胴体と肩のアーマーがスクラッチパーツ、脚部、前腕部、ランドセルがキットパーツです。
パーフェクトガンダムとフルアーマーガンダムを、それぞれ換装できるようにしていきます。カラーリングをどうするか悩んでますが。

ガンダム19

それともうひとつ、ガンダムのアーマーと言えば、

ガンダム20

Gアーマーです。
これも作っていきます。GアーマーはHGUCです。