ステイメン改修まとめ、その2

HGUC ガンダムGP03機動戦士ガンダム0083

上半身です。

胴体
ガンダムGP03S 34 ガンダムGP03S 35
肩関節は、ボールジョイントに変更して引出し式にしています。
胸部は、3ブロックに分割して、左右にそれぞれ0.5ミリプラ板をはさんで計1ミリ大型化。
ダクトは、フチ薄化して大型化。後ハメ化してます。

この胸部ダクト部分は、HGUC「ガンダムGP03S」の一番の欠点だと思います。
ここが小さく、フチが厚く見えるせいで、スケール感に乏しく、おもちゃっぽく見えてしまってます。
組立説明書の完成写真を見た時に、一番に気になったポイントです。

首は丸モールドへ変更。若干延長してます。

頭部
ガンダムGP03S 37
フェイスとメットの接続部にプラ板でスペーサーをかまして、前方へオフセット。ツインアイが隠れすぎないようにしています。
ホホのスジボリラインをアゴへつながるように、彫りなおしてます。
あとは定番のアンテナのシャープ化。


ガンダムGP03S 36
肩は分割方法を変更して後ハメ化。カバーパーツも自作してます。
ヒジ関節のマイナスモールドは、市販パーツとプラ板でシャープ化。
手首カバーも、市販の角パーツでシャープ化。
コブシは、バンダイのビルダーパーツ。大きいので甲のパーツを、プラの肉厚分削って小型化してます。

バックパック
ガンダムGP03S 38
バーニアはメタルパーツに変更。
周辺はモールド入りプラ板でディテールアップ。

テールバインダー
ガンダムGP03S 39
ここもバーニアはメタルパーツに変更。
裏側はスジボリを追加。

全身像
ガンダムGP03S 33
こんな感じになってます。