Mk-Ⅱ胴体部

HGUC ガンダムMk-Ⅱ機動戦士Zガンダム

Mk-Ⅱの胴体部です。
腰部
ガンダムMk-Ⅱ10
股間は1ミリ延長。
サイドアーマーは、上部からのぞくスキマを埋めるべくラインを変更。
プラ板を貼っただけです。裏には補強のプラ板を貼ってます。

で、これをヤルとフロントアーマーが干渉して、上まで上がらなくなってしまうので、ボールジョイントに変更して、可動範囲を拡大してます。
もちろんダクトはフチ薄化。

ガンダムMk-Ⅱ11
首は切り離して1ミリ延長、さらに後ろへ移動。

胴体部
ガンダムMk-Ⅱ12
胸部のセンサーは整面のジャマなので、切り取ってプラ板で作成して別パーツ化してます。